AD SPACE

2012-07-23

NFCのモバイル決済は、2017年までにUS$1800億以上。

モバイル・マネー未来

Cellular-Newsは、ジュピター・リサーチ(Juniper Research)からの情報としてNFCに基づいた小売り支払い市場は、2012年から2017年までに7倍の増加により、世界中でUS$1800億を超過すると予測した。

NFC支払い技術を備えたスマートフォンが標準になるとともに、北アメリカ、中国、西ヨーロッパおよび極東の主要な地域は、この市場価値の90%に寄与する。

その報告書で、2011年がNFCのモバイル決済で分岐点となる年であったことが分かった。

[AD] You can advertise on this site.

主な技術基盤規格は終了した。
多くの携帯電話ネットワーク・オペレーターが、両方の携帯電話会社からの市場およびNFC支払いパイロットへ委託をした。
また、金融機関は商業サービスに移行した。

とくに、NFC対応のスマートフォン・モデルは、ほとんどすべての送受話器メーカーによって発表された。
また、Googleは米国でもバイル財布(mobile wallet)を始めたことにより市場に点火した。

しかし、その報告書では、2011の市場加速度説が、将来は即席の生態系のいくつかの部分を明らかにすると警告した。

特に小売り業者は、より既存のカード技術に関するNFCモバイル決済の利点を確信しておらず、非常にすぐにCHIP&PINへの推移の後に、非接触インフラストラクチャーに投資していない。

他の生態系プレーヤーからの教育および「ウィン-ウィン(win-win)」の提案はそれら自身としてこの機会に委ねられるような小売り業者になるのに必要である。

報告書共同執筆者ウィンザー・ホールデン博士(Dr Windsor Holden)によって、「これはNFC小売り支払い市場用のクリティカル・タイムです。現在得られている重要な進歩にもかかわらず、生態系プレーヤーがみな等しく委託され、モバイル財布コンソーシアがそのまま残れば、市場の真価は単に完了することができます。私たちの報告書は、現在形成されている様々なコンソーシア・モデル、およびどのタイプが持続すると予想されるかを分析します。」と言っている。

その報告書からの他の発見が、
* 米国と西ヨーロッパの4人の携帯電話利用者のうち1以上は、店内で、2017年までにNFCを使用したモバイル決済で払う、
* それらがNFCに基づいた支払いプロジェクトに委託するとともに、携帯電話ネットワーク・オペレーターは傾くARPUを相殺することができる。

ただし、この考えは、ワンウェイで、まだ双方向ではない。

Googleがバイル財布で起こしたような事故が、進化の予定を遅らせている。

まだまだ、大きな事故は起こるだろう。

2012-06-08---NFC とモバイル・マネー・サミット。
2012-06-04---PayPalがMobile Walletを提示すると、10人中8人が使用する?!
2012-05-15---2016年には、10人に1人が携帯電話で支払うと予測。
2012-03-19---モバイルAppsの広告で、プライバシーのセキュリティ・リスク浮上!
2012-03-13---GoogleとAppleからの脅威にさらされるイギリスの大手銀行。
2012-02-16---Googleの「in-app purchase(app内決済)」ドタバタで阻止!
2012-02-12---セキュリティ問題が指摘されていた「グーグル財布」使用を停止!
2011-12-09---「グーグル財布」をロンドン2012オリンピックで実験!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.