2012年07月18日

「The Daily Telegraph」は、オリンピックに最強の200人体制で挑む!

Press Gazetteが、イギリスの新聞「The Daily Telegraph」がロンドン2012オリンピック(London 2012 Olympics)の報道に取り組む200強の編集のチームを持つだろうと言ったと報告した。

報道の中心に、毎日のオリンピック補足として48ページ以内の記事があるだろうと言っている。

ゲーム中に、一般な毎日のビジネス補足(normal daily business supplement)は、主体へ吸収される。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

iPad用アプリケーションのオリンピック版は毎日午後5時に公表される。
また、土曜日に「The Telegraph」は、60ページのオリンピック用プレビュー・マガジンを出版する予定になっている。

「The Daily Telegraph」は、オリンピックの2週間で、追加の100万部を売るだろうと考えている。
また、重要なオリンピックの開催地およびファン・サイトで働く、新聞直接密売人として100強チームを補充した。

もう、新聞をオリンピック中毒にする!

勝つか負けるか!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。