gaYa広告

2006年06月20日

「倫理的なハッキング」を教授する高等教育コースが認可さらた。

イギリスで初の政府に認可された「倫理的なハッキング」を教授する高等教育コースとしてハッキング学部がスコットランドのDundeeにあるUniversity of Abertayで9月に開始されると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

このコースを卒業すると、セキュリティに関してアドバイスしていて「倫理的なハッキング」のアートとして、抜け目のないコンピューティングと創造的な技術の専門家として働くと予想されている。

ITセキュリティの問題は、より多くの圧搾物になっていたが、イギリスでの最近の情報機密保護違反に関する研究では、ITセキュリティに対処するイギリスの会社の12%だけが正式なセキュリティ資格があることが報告され、新しいコースではとくに、訓練されたセキュリティ専門家の数を増強することが目的で、システムをより保護するためにハックする技術は知識として必要であるという結論に達した。

ただし、イギリス政府当局は密接にコースと学生をモニターし、すべての応募者が授業を始める前に内務省による慎重な精査を受けることになる。
また、刑事上の過去をもっている応募者はコースに認められない。 されに、卒業生は、将来、彼らが犯罪に走らないことを確実にするためにモニターされる。

コンピューティングと創造技術学校(School of computing and creative technologies)の代表でコースリーダーのLachlan McKinnon教授は、反対の考えで、このコースに関する自然な心配を述べ、「私たちは、彼らが倫理的なハッカーになって欲しいと思うので、密接に学生をモニターします。」と誓った。 しかし、彼は、保証を全く申し出ないで、コンピュータを安全にすることができる唯一の確かな方法は、それらのプラグを抜くことであると言い足した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告