2006年06月20日

Telecommunications Act of 1996を作り直す。

The Nationは、米国のTelecommunications Act of 1996から10年後、それはデジタル技術が急速に米国の国内通信網を造り直すことになる。そこでThe Nationは2006年7月3日に発行する号のためにJeffrey Chesterが書いたコメントを公開し、新しいテレコム条例(Telecom Act)では、主要な部分を書き直す法案を可決するために、どんなメディアにも議会と共に改革議題があるとして、10の課題を紹介した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

それは、インタラクティブで仮想のコンテンツが急流で、伝統的で、そして、ニューメディアの最も強力な企業から多くを提供されるモバイルPC機器、デジタルTV、および常時接続で個人化された個人化され今まで作成された中で最も強力なメディア環境が常時利用できるようになる。

そして次の数年は、ちょうどデジタル・メディア民主主義社会を構築し、それを助ける広大な可能性を秘め、現在オンラインで経験することに関する約束が実現する保障が重要になる。

1) media ownership(メディア所有権)
2) mergers(合併)
3) network neutrality(ネットワーク中立)
4) spectrum management(通信帯域管理)
5) community broadband(共同体ブロードバンド)
6) privacy(プライバシー)
7) intellectual property(知的所有権)
8) universal service(ユニバーサル・サービス)
9) diverse content(多くのコンテンツ)
10) minority ownership(少数民族所有)

米国は情報通信環境の大きな転換点にきている。
10年前には、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ以外で情報を得ていた人は、10人に1人も居なかった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト