on-the-time.jp

2012年07月17日

3D対応型テレビの需要、2012年に2,000万台。

新華社は、1988年に設立されたCECC(China Electronic Chamber of Commerce/中国电子商会/中国電子商会)が開いた「中国デジタルテレビ産業発展トップフォーラム(2012年(第八届)中国数字电视产业发展高峰论坛)」の席上で、専門家は「2012年はサッカーのUEFA欧州選手権とロンドン五輪開催により、3D対応型テレビ(3D电视)が高成長期に入った」と指摘し、今年の3D対応型テレビ需要量が2000万台に達するとの見方を示したと報告した。

2,000万台と言う数字に驚くかもしれないが、地球全体に普及しているテレビ台数からすると、1%に満たないことだろう。

つまり、ビジネスとしては、失敗である。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

2012年に、中国のテレビ需要は小幅に増加し、需要量は4,200万台に達すると見込まれているが、薄型テレビ市場には「取引量が伸びても、価格が下落する」という奇妙な現象が現れた。

2012年1~5月、中国のテレビ生産量は前年同期比で18.2%増の4,865万9000台だった。
テレビ輸出台数は前年同期比22%増の2300万台になった。
だが、テレビの輸出単価は明らかに下落し、2012年の平均輸出価格はUS$192と、2011年のUS$242で20.7%下落した。

2012年に入り、薄型テレビパネルの価格は急落し、テレビメーカーは低価格競争を通じて市場シェアを奪い合っている。
高価格で推移している高級製品の消費者の大方は買い控えの姿勢を取っている。
だが、大・中規模の都市で薄型テレビの販売の伸びが鈍化する情況の中、スマートテレビ(Smart TV/(智能电视))の販売は好調で、消費市場でスマートテレビに対する認知度も上昇してきた。

94%の消費者がすでにスマートテレビについて知っているとのデータがある。
36%の消費者は近いうちにスマートテレビを購入する用意があるとしている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。