AD SPACE

2012-07-11

ロシア帝国議会はインターネット検閲法案を可決。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、水曜日のロシアの議会は、政府がブラックリストに載ったWebサイトを閉鎖することを可能にする論争の的になっている法案「Russia Debates Controversial Internet Blacklist Bill」を可決したと報告した。

批評家が警告するか、異議を厳しく取り締まるために使用することができるかもしれない。

政府が公益に有害であると考えられたサイトをシャット・ダウンすることができる基準を本質的に狭くした4つの修正が挿入された後、議会の下院に相当するロシア州帝国議会(Russian state Duma)は第2と3番目の法案を満場一致で承認した。

こんな法案を満場一致で承認と言うのが怖い!

[AD] You can advertise on this site.

国会の討論で、法案は、ポピュラーなWebサイトおよび権利活動家のオペレーターからの広範囲の抗議の口火を切った。

それが中国で見られたような政府検閲で、希薄にベールを掛けた試みであると言った。

しかし、議会では、著名な野党議員さえ立法が実際に歓迎されるステップに相当したと言って、法案を支持した。

それが下院を通過したことから、法案は今、連邦院(Federation Council/ロシアの上院)に向かった。

その後、それは署名されて法律として承認されるためにウラジミール・プーチン大統領(President Vladimir Putin)の机に向かうことになる。

法案の支持者は、国の情報立法への変更案が単に児童ポルノグラフィーおよび同様に疑わしいサイトをターゲットとするように意図されると言った。

反対派は、政府によって不利であると考えられたサイトをシャット・ダウンするために、それが使用されるかもしれないと警告している。

いくつかのポピュラーなウェブサイトは抗議を行なった、法律の通過に対する抗議として火曜、ウィキペディアのロシア語バージョン(Russian-language version of Wikipedia)で、24時間それ自体をオフラインにした。

2012-07-10---ロシア語版Wikipedia、ショットダウン!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE