2012-07-12

Googleの低価格タブレットNexus 7は、原価US$152。

Cellular-Newsは、IHS iSuppli分解解析サービスからの予備調査結果によれば、Googleの新しいNexus 7メディア・タブレットの入門レベル8ギガバイト(GByte)のバージョンは、部品(BOM/bill of materials)だけでUS$151.75になったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

製造経費が加えられる場合、US$159.25までコスト増と考えられている。

NAND型フラッシュ・メモリーの16GBytesを備えたハイエンドモデルは、部品だけでUS$159.25になり、全コストはUS$166.75になった。

これらの分解評価は本来予備で、ハードウェアと製造費を説明するだけであり、ソフトウェア、許可、ロイヤルティあるいは他の消費のような追加費用を含んでいない。

追加費用が考慮される場合、IHSはGoogleがUS$199と値づけされて、8GByteモデルの販売で少なくとも損得なしになるだろうと推測した。そして、16GByteのバージョンはUS$249と値づけされ、適度の利益を得ると予測した。
それます。

アップルのように、Googleは、より有益な小売り市場価格でより多くのメモリを提示することにより、それがマージンを押し上げることができることを理解した。

GoogleはBOMレベルに増設メモリ・コスト中でUS$7.50だけの小売りでさらにUS$50を課している。

これは、Googleのハイエンドモデルの各販売中の最終結果にUS$42.50ドルを加えた。

さて、それでみんなが飛び付くように買うか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE