on-the-time.jp

2012年07月12日

ネイティブ・アメリカンのDNAに関する最も大きな調査。

BBC Newsは、ネイティブ・アメリカンのDNAに関する最も大きな調査により、新世界のアメリカが3つの長波の中で固定していたと結論を下したと報告した。

しかし、それ以上に、大多数の今日の先住アメリカ人は、15,000年前にアジアからアラスカを交差し、移住した単一のグループの血統を引いていた。
つまり、アメリカ大陸は、ヨーロッパの一部に感じるようになったのは、コロンブス以降で、その前はアジアの一部だったと言う固定されてきた考えにメスを入れた。

前の遺伝データは、アメリカが単一の移住者波によって植民地化されたという考えを支持した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

研究者の国際的なチームは、イギリスの科学雑誌「ネイチャー誌(journal Nature)」中でそれらの調査結果を公表した。

Reconstructing Native American population history
* David Reich,1, 2
* Nick Patterson,2
* Desmond Campbell,3, 4
* Arti Tandon,1, 2
* Stéphane Mazieres,3, 5
* Nicolas Ray,6
* Maria V. Parra,3, 7
* Winston Rojas,3, 7
* Constanza Duque,3, 7
* Natalia Mesa,3, 7
* Luis F. García,7
* Omar Triana,7
* Silvia Blair,7
* Amanda Maestre,7
* Juan C. Dib,8
* Claudio M. Bravi,3, 9
* Graciela Bailliet,9
* Daniel Corach,10
* Tábita Hünemeier,3, 11
* Maria Cátira Bortolini,11
* Francisco M. Salzano,11
* María Luiza Petzl-Erler,12
* Victor Acuña-Alonzo,13
* Carlos Aguilar-Salinas,14
* Samuel Canizales-Quinteros,15, 16
* Teresa Tusié-Luna,15
* Laura Riba,15
* Maricela Rodríguez-Cruz,17
* Mardia Lopez-Alarcón,17
* Ramón Coral-Vazquez,18
* Thelma Canto-Cetina,19
* Irma Silva-Zolezzi,20, 41
* Juan Carlos Fernandez-Lopez,20
* Alejandra V. Contreras,20
* Gerardo Jimenez-Sanchez,20, 41
* Maria José Gómez-Vázquez,21
* Julio Molina,22
* Ángel Carracedo,23
* Antonio Salas,23
* Carla Gallo,24
* Giovanni Poletti,24
* David B. Witonsky,25
* Gorka Alkorta-Aranburu,25
* Rem I. Sukernik,26
* Ludmila Osipova,27
* Sardana A. Fedorova,28
* René Vasquez,29
* Mercedes Villena,29
* Claudia Moreau,30
* Ramiro Barrantes,31
* David Pauls,32
* Laurent Excoffier,33, 34
* Gabriel Bedoya,7
* Francisco Rothhammer,35
* Jean-Michel Dugoujon,36
* Georges Larrouy,36
* William Klitz,37
* Damian Labuda,30
* Judith Kidd,38
* Kenneth Kidd,38
* Anna Di Rienzo,25
* Nelson B. Freimer,39
* Alkes L. Price2, 40
* & Andrés Ruiz-Linares3
* et al.

Journal name:Nature
Year published:(2012)
DOI:doi:10.1038/nature11258

Received:01 September 2011
Accepted:25 May 2012
Published online:11 July 2012

UCL(University College London/ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)からの共同執筆者教授アンドレ・ルイス・リナレス(co-author Prof Andres Ruiz-Linares)は、
「何年も、シベリアからの単一か多数の移住によって南北アメリカの解決が生じたかどうかは論争の的になりました」
「しかし、私たちの研究はこの討論を解決します:アメリカ先住民は単一の移住から生じません。私たちの研究は、さらに南北アメリカ内の人間の分散のパターンを明確にし始めます。」

チームは、一塩基変異多型として知られているそれらのDNAにおける300,000を超える変化、あるいはSNPを研究して、52のネイティブ・アメリカンのグループおよび17のシベリアのグループからのデータを分析しました。

この研究は、それらが遺伝的類似性および人口グループ間の違いのパターンを検討することを可能にした。

ナ-デネ大語族家族(Na-Dene family)が所有している言語を話す、第2と3番目移住は、その言語はエスキモー人アレウト家族が所有している、北極の人口およびカナダのチペワイアン(Canadian Chipewyan)だけの中でインパクトを残した。

しかし、これらの人口さえ、最も初期の移住からほとんどそれらの細胞の核に含まれていたDNA塩基配列ゲノム(genome)を継承した。

エスキモー人アレウト・スピーカー(Eskimo-Aleut speakers)は、研究者が「最初のアメリカン(First Americans)」と呼ぶものからDNAの50%以上を引き出し、チペワイアンは約90%を引き出した。

これは、アジアからの移住の2つの後の流れが人口と混合したという事実が最初の波に由来したと考えられた。

ハーバード・メディカル・スクールの遺伝学の教授で共同執筆者デービッド・ライヒ(co-author David Reich, professor of genetics at Harvard Medical School)は、
「ネイティブ・アメリカンの人には、少なくとも3つの深い血統があります。」
「最初のアメリカンに結びつくアジアの血統は古代に最大で、分岐したエスキモー人アレウト・スピーカーへのDNAおよびカナダからのナデネ大語族を話すチペワイアンのうちのいくらかを寄与したアジアの血統は、より密接に現代の東アジアの人口と関係があります。」と言っている。

細胞に動力を供給するミトコンドリア(mitochondria)中の遺伝子情報ミトコンドリアDNA(mtDNA)からの証拠は、植民者の単一を設立するグループからの家柄を支援した。
この人はベーリングの陸橋を横切ってアメリカの中へのシベリアから交差した。

しかし、3段式の移住は、ネイティブ・アメリカンのグループの歯の言語関係および物理的な特徴の論争の的になっている解釈に基づいて、以前に提案された。

一旦南北アメリカでは、人々が途中で割れる人口で、海岸に執着したルートに沿って南方に膨らみんだならば、チームはさらにそれを見つけた。

それらの分岐の後、特に南アメリカには、ネイティブ・アメリカンのグループ中に遺伝子拡散はほとんどなかった。

この単純な分散の著しい2つの例外も発見された。

最初に、中央アメリカのチブチャのスピーカーには、南アメリカから中央アメリカへ移住を後ろに反映して、北アメリカと南アメリカの両方の祖先がいた。

次に、北の東シベリアからのNaukanおよび海岸のチュクチは特殊な「最初のアメリカン」のDNAを運んだ。

したがって、エスキモー人アレウト・スピーカーはネイティブ・アメリカンの遺伝子をもたらして、アジアへ移住した。

チームの分析は、1492年のコロンブスによるアメリカ大陸発見に続いた遺伝子混合の500年以来、ヨーロッパ・アフリカの移民の半球への流入によって複雑になった。

とくに、当時のヨーロッパ人の精力的で無闇なセックスが、遺伝子的混乱と性病を蔓延させた。

さらに、アフリカからの膨大な人身売買による奴隷制度は、さらにヨーロッパ人の精力的で無闇なセックスを快楽し、遺伝子的混乱と性病をさらに蔓延させた。

これは、初期に新大陸にやってきた低俗的で野蛮なヨーロッパ人の歴史も明らかにしたことにもなる。

これをアドレスするために、著者は、完全にネイティブ・アメリカンの起源だった民族のゲノムのセクションにそれらが注目することを可能にした方法を開発した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。