gaYa広告

2012年07月12日

不法な米国での腎臓移植で、イスラエル人が投獄!

BBC Newsは、利益のために米国腎臓移植を整えたことで有罪判決を下されたイスラエル人は、2年半の懲役が言い渡された。

レヴィー・ウザーク・ローゼンバウム(Levy Izhak Rosenbaum)は、利益のための仲介業務腎臓移植を認めた、と検察官が言い、米国で不法な器官販売に関して有罪と判決された最初の人になった。

彼は3人で腎臓を整えるためにUS$120,000からUS$160,000の間に請求したと言われた。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

彼は、FBIが2009年におとり捜査を始めた時、4番目の手術を整えようとしていて、差し押さえられた。

ニュージャージーの検察官は、喜んで現金の代わりに腎臓を放棄する寄贈者を見つけるために、ブルックリンで暮らすイスラエル人レヴィー・ウザーク・ローゼンバウムは、彼の自国の中で新聞広告を使用していたと言った。

彼はドナー臓器を受け取るるためにUS$10,000ほどを払ったと言った。

その後、彼は、血液検査および適切なマッチが米国で移植を必要とする人のために整えられ、保証するサービスをセット・アップするのを支援した。

腎臓を受取人の少なくとも1人はローゼンバウムの判決審理中に防御で遠慮なく言い、他のものは、それらが誰かを明らかにできなかった。

61歳のレヴィー・ウザーク・ローゼンバウムは、「それは間違っていました。しかし、私は、基本的考えはよいと思いました。」
「私は、再びこれをしないだろうということをこの裁判で保証することができます。」

検察官ポール・フィシュマン(Prosecutor Paul Fishman)は、ローゼンバウムが病人を治す望みではなく、利益によって動機づけられたと言った。

「闇市場で金持ちは、どこで、病気、それほど幸運でないものから交換部品を買うことができる。単に冷酷でない。それは救命処理を不公平に配分します。侮辱寄贈者尊厳、また法律に違反する。」彼は声明で言った。

検察官ポール・フィシュマンは、「ローゼンバウムは慈悲深い腎臓媒酌人として自分を描いたが、犯罪の利益は彼のポケットに入れました。」と言った。

しかし、ローゼンバウムを支持して話した人々は、彼を、人々を助けることに専心的だった敬虔な正統派ユダヤ教徒と評した。

こんなことで12倍から16倍もの金をポケットに入れて、偽善者ぶっている!

2007-05-25---ある女性の腎臓を競うテレビ番組!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。