gaYa広告

2012年07月12日

戦争犯罪裁判中のセルビア陸軍チーフ、緊急入院!

BBC Newsは、前のボスニア・セルビア陸軍長官ラトコ・ムラジッチ(Former Bosnian Serb army chief Ratko Mladic)は、ハーグで戦争犯罪のため裁判中に、体の具合が悪く感じることについて訴えた後に病院に緊急入院したと報告した。

旧ユーゴスラビアの国際犯罪法廷の職員は、それが「予防策」であると言った。

ラトコ・ムラジッチは、戦争犯罪と非人道的犯罪で11件の責任で訴えられている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

70歳の前軍隊長官は非難を否定した。
それは1992年-95年のボスニア戦争にまでさかのぼる。

法廷スポークスウーマンによれば、ラトコ・ムラジッチは、彼が体の具合が悪く感じて看護師に検診された後に、病院へ連れて行かれた、と言った。

もし彼が十分に健康ならばヒアリングは金曜日に継続するだろう、と彼女が言っている。

一般的な議事録が始まり、ケースの目盛りがその結果削減されて以来、ハーグでの問題は健康であった。

裁判所は、彼が裁判で終了の前に死なないことを切望している。

その裁判は検察当局によって「不規則」のために5月に停止された。
しかし、最初の目撃者は今週証拠を与え始めた。

月曜日に、34歳のエルベディン・パシッチ(Elvedin Pasic)と呼ばれるボスニアのイスラム教徒が、、ティーンエイジャーのときに村から逃げていた。

彼は、1992年11月にボスニアのセルビア人兵士によってどのように捕らえられ、また、彼がその間にどのように拘置所で保持されたか、また、彼が、どのように150人を殺した大虐殺から生き残ったかについて説明した。

ラトコ・ムラジッチは、大量虐殺および他の非人道的犯罪の罪で1995年に国連の戦犯法廷によって起訴された。

彼は昨年5月に北セルビアの農家で捕らえられ、数日後にハーグへ引き渡された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告