2012-07-12

Aegis、グローバルなデジタル・メディア大手を作る目的で電通に売却。

BBC Newsは、ロンドンのマーケティング・エージェンシー「イージス(Aegis)「はアジア最大のメディア・グループを作るもくてきで、日本の大手広告会社電通に売却されたと報告した。

電通はこの買収に£31億6,000(US$50億)を払うと伝えている。
そのクライアントはケロッグ(Kellogg)、ディズニー(Disney)およびHSBCを含んでいる。

[AD] You can advertise on this site.

電通は、1株当たり240ペンスを払った。
イージスの前の日の値に48%のプレミアムは取り引きが確認された。

電通にとって、日本の広告収入が傾き始めているので、国内市場を越えて取り引きすることによって拡大することができる。

電通の石井直(Tadashi Ishii)社長で最高経営責任者は、「電通とAegisは、ヨーロッパおよび米国で最も急成長しているエージェンシー・ネットワークを全体的に強い存在を楽しんで、アジア-太平洋地域のマーケット・リーダーになるでしょう。」と言っている。

Aegisの上場株のほとんど30%のコントロールを持った筆頭株主で、フランスの億万長者ビンセント・ボロレ(Vincent Bollore)は、電通に彼の株を売ることに合意した。

他のAegisのディレクターは、引用されたビジネスの4.1%に相当の株を電通に売った。

Aegisの最高経営責任者ジェリー・ブールマン(Jerry Buhlmann, chief executive of Aegis)は、
「これは、世界で最も動的なマーケティング・サービス・グループのうちの1つを作成する、2つの大きなビジネスの人を動かさずにはおかないコンビネーションです。」
「成形加工によって、最初のコミュニケーションは真実のグローバルな範囲でグループ化します。私たちがクライアントを支援するためにより多くの規模、地域、能力および投資を提供するとともに両方のビジネスの成長戦略が増強されるでしょう」と言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.