on-the-time.jp

2012年07月12日

ナミビア-キューバ「ノアの箱舟」計画、非難の的!

BBC NEWSは、ナミビアの政府によるキューバへ148匹の野生動物を寄贈する計画は、近隣の南アフリカでアニマル・ライト・グループ(animal rights group)によって非難されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

NSPCAは、閉じ込められた状態の中に保持され、ストレスの多いフライトを持続させなければならないだろう、と言った。

しかし、ナミビアは、「ノアの箱舟II(Noah's Ark II)」と呼ばれるプロジェクトが絶滅危惧種の国際貿易に関する国連の協定に従うだろうと約束した。

動物はライオン、象、サイ、チータおよび豹を含んでいる。

1970年代と1980年代に独立努力中で、キューバとの密接なつながりを促進したナミビアは、US$100万のプロジェクトを資金提供している。

その寄贈は、人口密度の低い南方のアフリカの国へ、キューバのラウル・カストロ大統領による訪問で、2009年に意見が一致していた。

それには砂漠およびゲームに富んだ草地の大きな拡張があった。

BBCの特派員ウィントフクのフラウケ・ジェンセン(Frauke Jensen in Windhoek)は、首都からの280km(173マイル)北の40,300ヘクタール(100,000エーカー)のウォーターバーグ・プラトウ・パーク(Waterberg Plateau Park)で、、今週から最初の主要な動物が捕獲があったと報告した。

それらは、キューバの首都ハバナ郊外の342ヘクタールの国立動物園が予定され、そこには約850匹の動物に既に居る。

公園の管理者ミゲル・ルイ・アブド・ソトー(Miguel Luis Abud Soto)は、寄贈がその遺伝子プールを改善するだろうと言った。

しかし、南アフリカの国立動物虐待防止協会(South Africa's National Society for the Prevention of Cruelty to Animals)は、それが「嫌悪(disgust)」な動きを見たと言った。

グループが声明で、「それはこれらの動物が自然の生息地から取り出されそれらが自由を奪われ、日用品のための人間に全く依存する奇妙な土地へ送られるだろうということに注目するために悲しんでいます」と言った。

キューバへの最初の出荷は10月になされる。

旅行する他の動物のうちのいくつかは、水牛(buffalos)、ハイエナ(hyenas)、ラーテル(honey badgers)、ヤマアラシ(porcupines)、クーズー(kudu)、コウモリ耳の狐(bat-eared foxes)、ダチョウ(ostriches)およびホワイト・バック・ハゲタカ(white-backed vultures)になる。

2012-02-28---アフリカのサバンナで、中国の虎を救うことができるか?

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告