2012-07-12

ナット・キング・コールの未亡人マリアが89歳で死去した。

BBC Newsは、歌手ナタリー・コール(Natalie Cole)の母親で、ナット・キング・コール(Nat King Cole)の未亡人マリア・コール(Maria Cole/Maria Hawkins Cole/1922 - 2012)がフロリダで、89歳で死去したと報告した。

家族スポークスマンは、マリア・コールが癌で苦しんだ後に、ボカラトン・ホスピス(Boca Raton hospice)で彼女が死去したと伝えた。

1948年にナットと結婚する前、そして結婚後も、マリア・コールはカウント・ベイシー(Count Basie)とデューク・エリントン(Duke Ellington)のような偉人と上演して、自分の歌手としての経歴を持っていた。

彼女の夫が1965年に死んだ後、彼女はコール癌財団(Cole Cancer Foundation)を作った。

マリア・コールは1922年にボストンで生まれ、彼女の母親が死んだ後、ノースカロライナへ引っ越した。
彼女は音楽経歴を続けるために、その後ニューヨークへ引っ越した。

デューク・エリントンは、彼女の歌唱の録音を聞き、彼のオーケストラのボーカリストとして彼女を雇った。

彼女は行った1946年まで彼の家に滞在し、都市のクラブ・ザンジバル(city's Club Zanzibar)で、ミルズ兄弟(Mills Brothers)のためのオープニングとしてソロ・デビューした。

そこで彼女の将来の夫に会った。また、彼女は旅行し続け、1950年代の全体でナットと上演し続けた。