on-the-time.jp

2012年07月11日

男ではないかと疑われたインド人女性アスリート、刑務所から出所!

性とメディア

BBC Newsは、インドの警察は、「レイプ罪」および実際は男性であるという訴えから、逮捕した女性アスリートの西ベンガル州出身のピンキー・プレマニック(Pinki Pramanik)は、彼女が保釈を与えられた1日後に、刑務所を出所したと報告した。

彼女は、09:30頃(0400 GMT)に、カルカッタのドゥム・ドゥム刑務所(Dum Dum prison in Calcutta)から徒歩で出所した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アスリートのピンキー・プレマニックは、彼女に対する訴訟を「陰謀」と言って、彼女の名前を消去すると誓った。

インドにいくつかのメダルを受賞したピンキー・プレマニックは彼女の女性同棲相手から不満の後、2012年06月15日に西部ベンガル州で逮捕された。

彼女が水曜日の朝に刑務所を出たとき、前スポーツウーマンを回された政治家Jyotirmoyee Sikdarとともに彼女を迎えるために、彼女の父ドゥルガー・チャラン・プレマニック(Durga Charan Pramanik)も立ち会った。

彼らは、彼女の首のまわりに花の花輪を掛けた。

ピンキー・プレマニックは、彼女の刑務所での時間が厳しいテストであったと言った。

彼女はリポーターに、
「私は、何をすることができますか? それは、私の不運でした。 そういうわけで、私はこれを通り抜けました。」と、話し、彼女を訴えたパートナーに対して法的措置をとるべきかどうか、彼女が決めなかったと付け加えた。

過去数週間で、彼女が男性の警察によって付き添われて、いくつかの確定的でない性別テストを受けることを強制されたあと、活動家と人権保護団体は、ピンキー・プレマニックの「虐待」に抗議した。

伝えられるところでは、テストを受けているピンキー・プレマニックの携帯電話ビデオは、インターネットに掲示された。

ピンキー・プレマニックは、2006年のメルボルン連邦大会、2006年のドーハ・アジア競技大会で銀を獲得し、同じイベントので4×400メートル・リレーにおいて金を獲得した。

彼女は、コロンボで2006年のSAF(South Asian Federation/サウス・アジアの同盟)大会で、400m、800mと4×400メートル・リレー種目に勝って、3つの金メダルを獲得した。

2012-06-15---インドの女性金メダル・アスリートが、「レイプ罪」で逮捕された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。