2012年07月11日

男ではないかと疑われたインド人女性アスリート、刑務所から出所!

性とメディア

BBC Newsは、インドの警察は、「レイプ罪」および実際は男性であるという訴えから、逮捕した女性アスリートの西ベンガル州出身のピンキー・プレマニック(Pinki Pramanik)は、彼女が保釈を与えられた1日後に、刑務所を出所したと報告した。

彼女は、09:30頃(0400 GMT)に、カルカッタのドゥム・ドゥム刑務所(Dum Dum prison in Calcutta)から徒歩で出所した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

アスリートのピンキー・プレマニックは、彼女に対する訴訟を「陰謀」と言って、彼女の名前を消去すると誓った。

インドにいくつかのメダルを受賞したピンキー・プレマニックは彼女の女性同棲相手から不満の後、2012年06月15日に西部ベンガル州で逮捕された。

彼女が水曜日の朝に刑務所を出たとき、前スポーツウーマンを回された政治家Jyotirmoyee Sikdarとともに彼女を迎えるために、彼女の父ドゥルガー・チャラン・プレマニック(Durga Charan Pramanik)も立ち会った。

彼らは、彼女の首のまわりに花の花輪を掛けた。

ピンキー・プレマニックは、彼女の刑務所での時間が厳しいテストであったと言った。

彼女はリポーターに、
「私は、何をすることができますか? それは、私の不運でした。 そういうわけで、私はこれを通り抜けました。」と、話し、彼女を訴えたパートナーに対して法的措置をとるべきかどうか、彼女が決めなかったと付け加えた。

過去数週間で、彼女が男性の警察によって付き添われて、いくつかの確定的でない性別テストを受けることを強制されたあと、活動家と人権保護団体は、ピンキー・プレマニックの「虐待」に抗議した。

伝えられるところでは、テストを受けているピンキー・プレマニックの携帯電話ビデオは、インターネットに掲示された。

ピンキー・プレマニックは、2006年のメルボルン連邦大会、2006年のドーハ・アジア競技大会で銀を獲得し、同じイベントので4×400メートル・リレーにおいて金を獲得した。

彼女は、コロンボで2006年のSAF(South Asian Federation/サウス・アジアの同盟)大会で、400m、800mと4×400メートル・リレー種目に勝って、3つの金メダルを獲得した。

2012-06-15---インドの女性金メダル・アスリートが、「レイプ罪」で逮捕された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告