on-the-time.jp

2012年07月11日

ペルーの不法ゴールドラッシュは戦場!

BBC Newsは、何万ものペルー人が無秩序なゴールドラッシュに加わるために、ペルーのアマゾン地域へ集まっている。

しかし、不法な採鉱は、暴力、汚染、および国の貴重な熱帯雨林の部分の破壊に結びついた。

鉱夫をコントロールする新しい政府案は成功できるか?

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

マヌエル・カメノ(Manuel Kameno)は、下生えの、明るいグリーン葉を引き抜き、「これは背部の痛みによい。」と言った。

少し、もっと先に、彼は再び下へ下り、トップの脆弱な黄色の花を備えた軸を取り、「歯痛については、これ。」と言った。

マヌエル・カメノは、70歳の健康な老人である。
彼は、ペルーのアマゾン、世界で最もバイオ多様な熱帯雨林のうちの1つで、動植物の驚くべき品種の生き字引である。

しかし、すべてが、彼の目の前で変わっていく。

ペルーの南東マドレ・デ・ディオ(Madre de Dios)地域は、熱狂的で不法なゴールドラッシュのまっただ中である。

国際的な金市場の高騰は、既存の非公式の採鉱セクターを圧倒して、ペルー中からの何万もの移住者を引きつけた。

不法な鉱夫は、カメオの固有のコミュニティーであるアマラカエリ(Amarakaeriの)境界で働いている。

カメオは、
「採鉱が機械で始まって以来、採金者は森林で穴を作りました。したがって、動物は他の場所へ走り逃げました。」
「私たちの恐れは、森林が消えるであろうということです」と言っている。

さらに、強力なマドレ・デ・ディオ川を上ったところに、彼の関係の理由が明らかになる。

フエペルーヘ(Huepetuhe)地域で最も古い鉱業地帯のうちの1つである。

あたかも地球の皮膚が後ろに皮をむかれたように見える。

土木労働者は、その死骸で不断に採掘する。

ウォルター・バッカ(Walter Baca)は、彼のドル箱の旅行に連れて行った。

半ズボンとウェリントンブーツを着ているので、彼は、それがすべてどのように作動するか高慢に示した。

トラック1台分の積み荷の土は険しい金属シュートを下ってダンプされ、水と混じり合う。

底では、泥だらけの流体は金粉の粒子をつかむように設計されたマット上に噴出する。

10時間のシフトの終了までに、ウォルター・バッカと12人の鉱夫チームは約40gの金を採取した。

「過去数年で、1999年に、金鉱熱がここにあり、1グラム当たりちょうど27の底値であった。」
「昨年、それが145の底値(約55ドル)の価値があった日もあった。」と彼は言った。

人々は彼らの財産を求めるためにペルーの極貧の高地から到着し続けた。

政府は、50,000人までの小規模鉱夫が今、マドレ・デ・ディオ地域において活動的していると言っている。

ほとんどすべてはが、法の外部で、政府許可なしで、環境に対する小さな懸念が作動している。

森林破壊はただ一つの問題ではない。

鉱夫は、金粉を処理するために水銀を使用する。
その後、それは川と食物連鎖を汚染する。

2007-02-06---150年前のゴールドラッシュの光景が、コロンビアで起こっている。
1848-01-24---ジャームズ・マーシャルがカリフォルニアで金を発見した。

さらに、殺人なども頻繁に起こってる。
ペルーの南東マドレ・デ・ディオ(Madre de Dios)のGoogle Earthポインター情報
11°46'0.73"S,70°48'43.18"W
または、
-11.766869, -70.811994

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告