2012-07-01

STS-122のパイロットだったアラン・ポインデクスターが死去した。

NASAは2012年07月03日に、スペースシャトルに乗って、STS-122ミッションのパイロットを務めたアラン・ポインデクスター(Alan Poindexter)が2012年07月01日(日)に彼の家族とフロリダのペンサコーラ(Pensacola, Florida)で休暇を取っているときに水上競技事故(Watercraft Accident)で死去したと報告した。

また、STS-122ミッション乗組員として、2008年12月にオペレーション・アンド・チェックアウトビル(Operations and Checkout Building)から、スペースシャトル、アトランティス(space shuttle Atlantis)に乗るため、発射台に歩いて向かうアラン・ポインデクスターの写真を公開した。

この写真でアラン・ポインデクスターは、左側で、彼にレランド・メルビン(Leland Melvin)、スタンリー・ラブ(Stanley Love)およびレオポルド・エイハーツ(Leopold Eyharts)が続いている。

右側は、指揮官のスティーブ・フリック(Steve Frick)に続いて、レックス・ウォルハイム(Rex Walheim)、ハンス・シュレーゲル(Hans Schlegel)がいる。

レオポルド・エイハーツとハンス・シュレーゲルは、ESA( European Space Agency/欧州宇宙機関)を代表している。

アラン・ポインデクスターは1998年に、海兵隊キャプテン(Navy Captain)であったことから宇宙飛行士団体(Astronaut Corps)に、受理された。

NASAとの経歴中に、ポインデクスターは、13,000ポンド以上のハードウェアおよび設備を伝えて、2010年に国際宇宙ステーションへのSTS-131スペースシャトル・ディスカバリー・ミッション(STS-131 space shuttle Discovery mission )を指揮した。

2008年のSTS-122ミッションでは、欧州宇宙機関のコロンブス研究所(European Space Agency's Columbus laboratory)をISSにインストールした。

アラン・ポインデクスターは2010年に、NASAを辞任し、海軍大学院の学生部長として、米国海軍で務めるために戻った。

フロリダのペンサコーラ(Pensacola, Florida)のGoogle Earthポインター情報
30°25'16.71"N,87°13'0.89"W
または、
30.421308, -87.216914