2012-07-01

Moody'sは、NTTドコモの格付けとして「Aa2」を割り当てた。

Cellular-Newsは2012年07月01日に格付け機関ムーディーズ・ジャパンK.K.(Moody's Japan K.K.)が、NTTドコモに長期的な国内の格付けおよび外貨発行人格付けとして、「Aa2」を割り当てたと報告した。

この格付け外観は、安定していると言うことになる。

Moody'sは、NTTドコモの格付けが日本の携帯電話市場の強い信用力と指導的地位を反映すると言った。

その市場位置は、強いブランド、日本の技術的に高度なネットワーク、優れた研究開発および広範囲なマーケティングの広い地域的範囲および顧客サービス・ネットワークに支持されている。

さらに、その会社は保守的な金融政策を維持している。

例えば、調整された負債/EBITDAは0.4xで、そのFYE3/2012結果に基づいたカテゴリーは「Aaa」に相当した。

NTTドコモは、親会社NTT(日本電信電話株式会社)と接近して、相互関係を維持している。

戦略的にNTTのための非常に重要な子会社である。

NTTの連結収益の約40%、FYE3/2012の中で営業利益の約72%を占めて、NTTドコモの66%を所有している。

NTTとNTTドコモの関係は多数決権および接近している管理関係を含んでいる。

NTTドコモの管理には日常業務に関してそれ自身の決定を下す自由があると報告している。