2012-07-01

フランスのひげがある女性活動家「ラ・バーブ(La Barbe)」。

BBC Newsは、フランスの女性グループが、不平等と戦う新しい方法を見つけた。
それは風刺的なユーモアがある偽のあごひげであった。

それは、単に例外的にそこで猛烈なレスポンスであったと報告している。

コレット・コフィン(Colette Coffin)は彼女のハンドバックのチャックを外し、人工毛皮の小片を引き抜いた。

「これは私の話すあごひげです」と彼女が説明した。

彼女は、耳のまわりのストリングのループを引っ掛けて、髭を付けた。

結果は奇妙であった。
彼女のあごの上の小さな三角形で、几帳面な夏服を着ている学校教師はレーニンに似ていた。

ジーンズをはいた政治学の学生イラナ・エロイト(Ilana Eloit)は、彼女のあごひげを示した。

それは彼女の長い黒い髪と完全に一致した。
しかし、彼女は、それが「非常にかゆい」と苦情を言った。

まわりをちらりと見て、彼女は、テーブルの下でバッグにそれを詰め込んだ。
「私たちは秘密をまだ漏らしたくありません」と彼女が言った。

黄昏が落ちるとともに、直接行動の女性グループ「ラ・バーブ(La Barbe)」メンバーは、パリの上流階級層の近隣のオープンカフェで座った。

このグループの名前は、抗議のパントマイム・スタイルから来た。

そのメンバーはハイ・レベルの男性に支配された会に浸透させる。

やがて、彼女らは立ち上がり、それらのうちの1人が最高の人たちを祝う皮肉のステートメントを読み取る前に、静かに誤りのあごひげを身につけた。

顔の髪に対する強調は、時代遅れの男性の姿勢を嘲った。

「それは、ringardであることを意味しました」とイラナが言った。

「ringard」をどう訳すべきか?

「陳腐」あるいは「時代に遅れ」?

第三共和政の時代に、偉大な人はみなかつて、大きなあごひげを着用した。

それは19世紀末で、多くが多くの人が振る舞いが、フランスで考える方法の中で変わった。

口語のフランス語で、「ラ・バーブ」には、さらに手段として「十分、十分である。」と言う意味もある。

このグループには、ティーンエイジャーから祖母まですべての年齢の女性を含んでいる。

彼らは様々な背景から来て、確固とした性差別主義と戦う決定によって、それらが結合されると言っている。

初めて、主流党のうちの1人がフランス政治で最高位職のための女性候補者をさばいた時、「ラ・バーブ」は4年前に最後の大統領選挙の結果としてセット・アップされた。

結局、社会党の候補セゴレーヌ・ロワイヤル(Segolene Royal)は中心右派のニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)に負けた。

今、セゴレーヌ・ロワイヤルの前のパートナーで、25年間一緒に生きてきたフランソワ・オーランデ(Francois Hollande)が大統領になった。

その時以来、「ラ・バーブ」は政党、大企業の株主会、および彼らが男性を支配されると見なす他の機関を対象として、活動をしている。

最近、メンバーがカンヌ国際映画祭を衝突させた時、グループはグローバルなヘッドラインを作った。

デザイナーが作った服の中で、魅惑的なスターのために通常取ってある赤じゅうたんで、5人のひげのある女性が、「不思議」と書かれたポーを取った。

彼らは、公式競争に選ばれた22本の映画のどれも女性によって監督されないことに腹を立てていた。

女性軽視の会場に、多くの女性が手製の髭を付けて、抗議をする!
この活動は、世界規模にすべきかもしれない。

フランスらしい抗議で、センスも良い!