on-the-time.jp

2012年06月21日

アーロン・ソーキンは「The Newsroom」で、ジャーナリズムをターゲット!

ロイターは、米国のTVニュースは、一般にジャーナリズムが民主主義と知的に公に通知することで重大な役割で失敗している間に、予想されるように現実が示すのと同じくらい驚異的になった。

それは、日曜日にケーブル・チャンネルHBOで初演する作家アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)の理想主義の新しいショー「The Newsroom(ニュースルーム)」で示されるように、ニュースがでありえるべきものを再想像する後ろのメッセージであった。

そして「The Newsroom」はコメディになった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

アーロン・ソーキンの「The West Wing(ウエストウィング)」がワシントン政治をロマンチックに描いたように、「ニュースルーム」は、その欠点を露出しようと努力する、まさにその産業に楽観論を見つけた。

それは、彼の元恋人エミリー・モーティマー(Emily Mortimer)によってプロデューサーで、気持ちの良いストーリーを通して高い評価を狙う。皮肉で中年のテレビ・アンカーマンとしてジェフ・ダニエルズ(Jeff Daniels)を主演させた。

一緒に、彼らは、「Fourth Estateを取り戻す」ことの試みとして、尊敬すべき職業ジャーナリズムを取り戻すために、彼の毎夜のニュース番組をかき乱す。

確かに、最近の一連のジャーナリズムは、皮肉たっぷりのコメディかもしれない。

読売新聞の社長ナベツネは、それだけでコメディなのかもしれない。

ただし、「The Newsroom」にキスをしたくなる女性はいるのか?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。