2012-06-21

アーロン・ソーキンは「The Newsroom」で、ジャーナリズムをターゲット!

ロイターは、米国のTVニュースは、一般にジャーナリズムが民主主義と知的に公に通知することで重大な役割で失敗している間に、予想されるように現実が示すのと同じくらい驚異的になった。

それは、日曜日にケーブル・チャンネルHBOで初演する作家アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)の理想主義の新しいショー「The Newsroom(ニュースルーム)」で示されるように、ニュースがでありえるべきものを再想像する後ろのメッセージであった。

そして「The Newsroom」はコメディになった。

[AD] You can advertise on this site.

アーロン・ソーキンの「The West Wing(ウエストウィング)」がワシントン政治をロマンチックに描いたように、「ニュースルーム」は、その欠点を露出しようと努力する、まさにその産業に楽観論を見つけた。

それは、彼の元恋人エミリー・モーティマー(Emily Mortimer)によってプロデューサーで、気持ちの良いストーリーを通して高い評価を狙う。皮肉で中年のテレビ・アンカーマンとしてジェフ・ダニエルズ(Jeff Daniels)を主演させた。

一緒に、彼らは、「Fourth Estateを取り戻す」ことの試みとして、尊敬すべき職業ジャーナリズムを取り戻すために、彼の毎夜のニュース番組をかき乱す。

確かに、最近の一連のジャーナリズムは、皮肉たっぷりのコメディかもしれない。

読売新聞の社長ナベツネは、それだけでコメディなのかもしれない。

ただし、「The Newsroom」にキスをしたくなる女性はいるのか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.