gaYa広告

2012年06月21日

アーロン・ソーキンは「The Newsroom」で、ジャーナリズムをターゲット!

ロイターは、米国のTVニュースは、一般にジャーナリズムが民主主義と知的に公に通知することで重大な役割で失敗している間に、予想されるように現実が示すのと同じくらい驚異的になった。

それは、日曜日にケーブル・チャンネルHBOで初演する作家アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)の理想主義の新しいショー「The Newsroom(ニュースルーム)」で示されるように、ニュースがでありえるべきものを再想像する後ろのメッセージであった。

そして「The Newsroom」はコメディになった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

アーロン・ソーキンの「The West Wing(ウエストウィング)」がワシントン政治をロマンチックに描いたように、「ニュースルーム」は、その欠点を露出しようと努力する、まさにその産業に楽観論を見つけた。

それは、彼の元恋人エミリー・モーティマー(Emily Mortimer)によってプロデューサーで、気持ちの良いストーリーを通して高い評価を狙う。皮肉で中年のテレビ・アンカーマンとしてジェフ・ダニエルズ(Jeff Daniels)を主演させた。

一緒に、彼らは、「Fourth Estateを取り戻す」ことの試みとして、尊敬すべき職業ジャーナリズムを取り戻すために、彼の毎夜のニュース番組をかき乱す。

確かに、最近の一連のジャーナリズムは、皮肉たっぷりのコメディかもしれない。

読売新聞の社長ナベツネは、それだけでコメディなのかもしれない。

ただし、「The Newsroom」にキスをしたくなる女性はいるのか?

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。