2012-06-21

世界中のジャーナリストの55%は、ニュース記事のためにTwitter、Facebookを利用。

Mediabistroは、世界各地からのジャーナリストが、ニュースの源として、ソーシャル・メディアを使用している範囲を明らかにした。

デジタル・ジャーナリズム研究でOriellaは、600人のジャーナリストを調査し、既知の出所からのストーリーを見つけるために半分(55%)を超える人がTwitterとFacebookのようなソーシャル・チャンネルを使用することを発見した。

[AD] You can advertise on this site.

また、43%はこれらのツールを使用して、既存のストーリーを確認した。

回答者の26%は、それらに知られていない出所からの進行の中で、それらが知らなかった出所からのストーリーを見つけるソーシャルメディアおよび5人に1人(19%)が仕事で確認に使用したと言った。

既知の出所からのニュースを研究するためにソーシャル・メディアを使用して、イギリス人ジャーナリストの75%と、数値はさらに高い。

ジャーナリストの52%は、それらの雇用者のタイトルがFacebookページを持っていたと言った。
その一方で46%は専門のTwitterプロフィールを持った。

ジャーナリズムが大きくシフトした。
不注意なジャーナリストは、大きな失敗もさらにするようになった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE