2012年06月21日

世界中のジャーナリストの55%は、ニュース記事のためにTwitter、Facebookを利用。

Mediabistroは、世界各地からのジャーナリストが、ニュースの源として、ソーシャル・メディアを使用している範囲を明らかにした。

デジタル・ジャーナリズム研究でOriellaは、600人のジャーナリストを調査し、既知の出所からのストーリーを見つけるために半分(55%)を超える人がTwitterとFacebookのようなソーシャル・チャンネルを使用することを発見した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

また、43%はこれらのツールを使用して、既存のストーリーを確認した。

回答者の26%は、それらに知られていない出所からの進行の中で、それらが知らなかった出所からのストーリーを見つけるソーシャルメディアおよび5人に1人(19%)が仕事で確認に使用したと言った。

既知の出所からのニュースを研究するためにソーシャル・メディアを使用して、イギリス人ジャーナリストの75%と、数値はさらに高い。

ジャーナリストの52%は、それらの雇用者のタイトルがFacebookページを持っていたと言った。
その一方で46%は専門のTwitterプロフィールを持った。

ジャーナリズムが大きくシフトした。
不注意なジャーナリストは、大きな失敗もさらにするようになった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。