2012年06月21日

イランの核施設で、「大規模なサイバー攻撃」を検知!

MSNBCはロイターからの情報として、イランと、米国(イスラエル)、イギリスとの議論された核活動をめぐる対立を解決するこ会談が失敗に終わった後、イランの国営テレビは、2012年06月21日木曜日に、その核施設に対する計画された「大規模なサイバー攻撃」を検知した言ったと報告した。

イランのインテリジェンス大臣ハヤド・モスレヒ(Heydar Moslehi)は、国の大敵、アメリカとイスラエルに、イギリスを加えて、攻撃を計画したと言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

イランの英語版テレビで、
「得られた情報に基づいて、アメリカ、およびMI6に加えたシオン主義の政権(イスラエル)は、モスクワでイランとP5+1の間の会合に続いて、イランの設備に対する大規模なサイバー攻撃を始めるためにオペレーションを計画した。」と言ったと報告している。

「それらは、まだ計画を実行しようと努力します。しかし、私たちは必要な手段を取りました。」と彼が付け加えた。

安全対策の専門家は、先月、「Flame(フレーム)」と呼ばれる高度で精巧なコンピュータ・ウィルスがイランおよび他の中東諸国でコンピュータを感染させたと言った。

イランの政府関係者は、国がウィルス)を破ったと迅速に言った。

イランのインテリジェンス大臣ハヤド・モスレヒによって引用されたサイバー攻撃が「フレーム」、あるいは新しいウィルスだったかどうかは明らかではない。

イランの核計画は、主なイランの豊富化設備で遠心分離機を失敗させたコンピューター・ワーム「Stuxnet」によって2010年に攻撃を受けた。

そのときも、テヘランは「Stuxnet」を展開させたことでアメリカとイスラエルを非難した。

イランは、西洋が核兵器を作ることを目指すと信じられている、その議論された核計画に関する西洋諸国とほぼ10年間対立してきている。

テヘランはそれが単に平和な核技術が生成することを望むと言って、非難を否定している。

私も以前、狂牛病問題で非難したら、米国から攻撃され、さらに天安門事件で中国から攻撃され、サーバーを1年間閉鎖したことがある。

いい加減にして欲しい!

2012-06-07---国連、グローバル・サイバー戦争防御協力を要請。
2012-06-01---米国のチームとイスラエルが開発した、イランの虫!?
2012-05-28---20MBの巨大マルウェアを使った大規模なサイバーテロ攻撃を発見!
2011-11-21---ハッカーは、米国水処理システムを「破壊」
2011-09-04---イランは、ブーシル原子力発電所を国の配電網に接続!
2011-04-25---イランを攻撃するスパイ・ウイルス!
2011-01-17---サイバー攻撃は「もの凄い嵐」になるかもしれない。
2010-12-31---「2011年を予測(Predictions for 2011)」

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告