on-the-time.jp

2012年06月21日

ジョンソン宇宙センターで、プールに何度も沈められる日本の宇宙飛行士!

NASAは、宇宙服のトレーニング・バージョンを装った東京都世田谷区生まれのJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士星出彰彦(Akihiko Hoshide)は、2012年1月からこの写真のようなNASAのジョンソン宇宙センターの近くにある無重力環境訓練施設のプールに何度も強制的に沈められた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この訓練演習は、国際宇宙ステーションの外部の研究準備をさせることを支援するように意図され、その活動を支援するために、星出彰彦は、今もプールに沈められている。

星出彰彦と彼の仲間、Expedition 32クルー・メイトであるスニ・ウイリアムサンド(Suni Williamsand)とユーリー・マレンチェンコ(Yuri Malenchenko)は2012年07月14日に、ISSに向かってカザフスタンのバイコヌール・コスモドロームからのソユーズTMA-05M(Soyuz TMA-05M from Baikonur Cosmodrome, Kazakhstan)に乗って打ち上げられることになっている。

Image Credit: NASA

今度は、前の日本人宇宙飛行士のような愚かしい行動を取らないように期待したい。
世界中が、日本人宇宙飛行士の知性を疑う。

でも、やっぱり無理かもしれない。
隣の渋谷区より!

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト