2012年06月20日

中国の実質退職定年年齢53歳。

新華社は、中華人民共和国国務院(中华人民共和国国务院)の組成部門(组成部门)の一つである人社部(中国人力資源社会保障省/中华人民共和国人力资源和社会保障部)の責任者が、定年退職年齢(中国法定退休年龄)の引き上げが提案され、政策的研究の段階に留まっているが、現行の定年制度が直ちに変更されるわけではないと話したと報告した。

実際には2005年にも当時の労働社会保障省が類似の研究を行っていた。

これは同時に、年金制度にも関係してくる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

人社部基金監督司副司長張浩(国家人力资源和社会保障部基金监督司副司长张浩)は東方早報で2012年06月19日に、中国の養老年金について語っている。

現在全国の都市と町の従業員の基本的な養老保険の確保はすでに1.9兆まで達したと中国の老後を過ごす金融論壇の上で表している。
しかし、養老年金の確保は各地でとても不釣り合いで、多くの地区で欠如した所があり、もし中央と地方財政の補助がないならば、全国の当時の確保はとても少なくて、関係する推計によると、2030年~2050年のこの欠如した所の増加するスピードはとても迅速になると言っている。

中国では定年退職年齢を「男性60歳、女性50歳(女性幹部は55歳)」と定めている。
ただし、採掘現場や高所、高温の場所、特別な重労働やその他の健康を害する可能性がある仕事に携わる場合、定年退職年齢は男性が55歳、女性が45歳とされている。

中国人力資源社会保障省の責任者は、「一部の国は人口構造の変化や高齢化によって、既に定年年齢を引き上げている。中国でも高齢化は進んでいるが、就業圧力は大きい。定年年齢の引き上げは慎重に行う必要がある。」と述べた。

現在、中国の実質的な定年退職年齢は53歳前後で、早期退職もある。
多くの地方では近年、労働力不足が生じているが、中国は世界一の労働力大国であり、労働者数は10億人に上る。
定年年齢引き上げを行った欧州諸国のように、労働力不足に直面しているわけではない。
メディアが報じた「定年定職の年齢が65歳またはそれ以上に引き上げられる。」という情報は、すぐに実現されることはないといっている。

15年後、または20年後には、定年年齢引き上げことが必然になるが、経済全体の変化に基づいて調整の幅は決まる。

また、中国社会科学院世界社保研究センター(中国社会科学院世界社保研究中心)主任の鄭秉文(郑秉文)はSTCNで2012年06月17日に、退職年齢の話題の延期は、過去の数年の中でひっきりなしに起こり、毎回激烈な反対に遭っている。
近日人社部はまた弾力性を研究して退職を延期すると語って、どうして退職を延期するのか?退職年齢と老後を過ごす制度は、誰の問題としてもっと大きいか?と語っている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。