2012年06月20日

Facebook、Appのための信用通貨「Facebook Credits」を廃棄。

BBC Newsは、Facebook自身の貨幣制度(信用)「Facebook Credits」を捨て、メンバーのアカウントのバランスをそれらの現地通貨に変換すると報告した。

まだ、Web上には「Facebook Credits」が残っているが、おいおい消えていくことになる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

以前、ユーザーにネットワークで売られた仮想品物、あるいは他のプレミアム特徴の代金を請求したいapp開発者は、このサービスを利用しなければならなかった。

Facebookは「購入経験を単純化する」ための変更を加えていたと述べた。

この変更は、会社の利益を押し上げるかもしれない。

それは、そのネットワーク上行われるの処理の30%を取る。

開発者ブログでは、さらにAppクリエイターが7月からの予約を課すことを可能にすると発表した。

ゲーム出版者「Zynga」と「Kixeye」は、この特徴を実地で試みることを既に認められていた。

Facebookは、ユーザーが、オンライン決済を「安全かつ着実にする方法」として、クレジットカード、ペイパル(PayPal)、あるいは小売り業者で売られたプリペイド・カードによって、それらを買うことを可能にして、市場功績を認められた。

メンバーは、割引の見込みによって一度に多額を買うように促進された。

例えば、50の信用は、US$5かかる。
しかし、2,360の信用がUS200ドルかかり、会社が「18%のボーナス」と名付けたものを表わした。

しかし、第3者開発者は、ユーザーが、それらを費やしていたものの跡を追うことをより難しくして、信用を続いて自分のインゲーム通貨に変換する傾向があった。

会社の製品管理管理者プレシャント・フロリア(Prashant Fuloria)は開発者に、
「私たちが2009年に信用を導入して以来、Facebook上のほとんどのゲームはプラットフォーム全体に渡る仮想通貨の必要を縮小して、自分の仮想通貨をインプリメントしました。」
「非米国ユーザーにローカルの価格で、より一貫した価格を設定し、市場ごとの基礎上で同じアイテムに違った風に値をつけることができるでしょう。」と言った。

会社がそのネットワーク上のソフトウェアを促進するために、米国でAppセンターを始めた後、このニュースは2週間未満で発表された。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。