on-the-time.jp

2012-06-14

ジャーナリストで作家のジッタ・セレニイが死去した。

BBC Newsは2012年06月19日に、ジャーナリストで作家のジッタ・セレニイ(Gitta Sereny)が91歳で2012年06月14日に死去した。

彼女は、オーストリアのウィーンで生まれ、ナチズム(Nazism/ドイツ国家社会主義)の台頭を直接に見て、弊害の性質を探求するために一生を過ごした。

1950年代にイギリスへ引っ越し、ナチの建築家および軍備大臣アルバート・スピアー(armaments minister Albert Speer)、子供殺害者メアリー・ベル(child murderer Mary Bell)についての本を書き、彼女と彼女の経験を共有することによって引き起こされた論争を巻き起こした。

[AD] You can advertise on this site.

彼女の出版者は、彼女が先週、ケンブリッジのアデンブロッケの病院8Cambridge's Addenbrooke's hospital)で死去したと言った。

彼女は、2004年にジャーナリズムに対する貢献でCBEを与えられた。

彼女は、ハンガリーの貴族と、ドイツの女優の娘としてウィーンで成長した。
また、若い少女がナチに仕え、同時にニュールンベルクで回復する、彼女は両方とも興奮して、どちらも、また彼女を怖がらせた。

彼女は、その後ナチ・リーダーであったアドルフ・ヒトラー( Nazi leader Adolf Hitler )がウィーンで群衆に話しかけるのを見た。

1945年には、最初の一瞥を捕らえたところで、彼女は簡潔にニュールンベルク戦犯裁判に出席し、ドックでアルバート・スピアーを見た。

半世紀後に、ジッタ・セレニイは、ホロコースト、彼がヒトラーのもとで働いていた間、彼はどのように多くのことを知っていたか、彼の妻に助けられ、また正確に見ようとした。

ジッタ・セレニイは、無罪の妄想にもかかわらず前のナチが好きなことを認めた。

しかし彼女は本の中で、アルバート・スピアーについて、
真実との彼の戦い、彼女は、ユダヤ人を根絶する計画のことを知っていたが、ヒトラーへの彼の愛情のためにそれとともにやっていった人のどうしようもなかった肖像を示した。

ナチズムやナチ、アドルフ・ヒトラーなどを外から書いた本、または、文献からの本は多いが、中からの実体験に基づいたジャーナリスティックな本は、意外と少ない。

往々にして、何かに振り回され、真実を見ようとしていないモノが多い。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.