on-the-time.jp

2012-06-18

ロンドン2012:IOCのオズワルドはオリンピックのチケット「不正行為」禁止を促した。

BBC Newsは、ロンドンの闇市場で2012枚のチケットを売った審判は、オリンピックから禁止され、閉め出されるべきである、とIOC重役会メンバーは言ったと報告した。

IOC(International Olympic Committee/国際オリンピック委員会)は、54カ国を代表する27人の審判および代理人に関

[AD] You can advertise on this site.

IOCのデニス・オズワルド(Denis Oswald)は、「規則を破っており、それをすることを知っていれば、承諾しがたい。」と言った。

100万枚を超えるチケットが、ロンドン2012に参加するすべての国家の間で海外へ配布された。
しかし、IOCには、客引きと格闘する厳しい規則がある。

その割付けが、それ自身の国内にのみ売られることを確かめることは、個々のNOC(National Olympic Committees/国立オリンピック委員会)の責任である。

サンデー・タイムズは、代理人と審判が闇市場で何千ものチケットを売るのを押さえられたと主張した。

週末で主張に応答して、ロンドン2012を監視するのを支援するオリンピックの委員会のメンバーで、元自由民主党員リーダーメンジーズ・キャンベルサー(Liberal Democrat leader Sir Menzies Campbell)は、額面価格を越えるもので売られたと知られていたどんなチケットも禁止されているべきであると言いました。

国々を立腹させることは、将来のゲームでのチケットを与えられるべきでない、と彼が付け加えた。

しかし、元オリンピックのボート選手であるオズワルドは、それが十分ではないだろうと言った。

それらの規則を破っていることに気づいていた人々は「もはやオリンピックに属するべきでない。」と、彼は言った。

しかし、Webで買えた場合はどう処罰するのか?

「liveolympictickets」や「gotickets」では、現実に売っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE