on-the-time.jp

2012-06-18

テスコは9年後に日本市場から完全撤退!

BBC Newsは、イギリスのスーパーマーケット・グループ「テスコ(Tesco)」が日本で2番目に大きな小売グループ「イーオン(Aeon)」にテスコ日本(Tesco Japan)の50%を最初に売り、第2段階として日本から完全撤退すると報告した。

その後、テスコはビジネスからのその最終的な出口の前に合弁事業に£4,000万を投資する。

ここまで、デッドラインは明らかにされてこなかったが、いつかが公になった。

テスコは、2003年に日本市場に乗り込んできた。

[AD] You can advertise on this site.

テスコの最高経営責任者フィリップ・クラーク(Philip Clarke)は、
「私は日本で私たちの同僚に感謝します。彼らは最近の数か月にわたる項目の中で、ビジネスのために優れた仕事をした。。
「今日永イーオンとのこの取り引きを発表して、私たちは非常に嬉しく、これが私たちのスタッフのための、日本の私たちの顧客、および私たちの株主のための最良の結果を伝えるだろうと確信しています。」と言った。

テスコは昨年、最初に日本のビジネスを売りたかったとに言った。

テスコは9年前に、C2ネットワークの獲得で日本へ移動した。
それはその時に78のコンビニエンス・ストアを所有した。

Shore Capitalのアナリストであるクライヴ・ブラック(Clive Black)は、市場を出るために払わなければならないことが期待外れであると彼は言ったが、日本からの撤回がテスコのための気晴らしの除去であると言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.