AD SPACE

2012-06-14

Ubiquisysは、50,000を超えるパブリック・アクセス・スモール・セルを確認。

Cellular-Newsは、Ubiquisysが、いくつかの国々でオペレーターによって50,000を超えるパブリック・アクセス・スモール・セル(Public Access Small Cell)の展開を確認したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

さらに、成功した野外実地試用の後に、アジアの2つのオペレーターと、ActiveCell技術を特色として、新しいG7の屋内のスモール・セル・ホット・スポットの最初の配備を完成したと発表した。

アジアで配備された一般的に当時の25%以上のHSPAデータを走らせたデータで、10,000人のユーザーを経験するホット・スポットを含んで、両極端で信号のトラフィックをテストしたと言った。

UbiquisysのCTOおよび共同創立者フランク・ウイル(Will Franks)は、
「私たちは特に要求するアジアの市場で、パブリック・アクセス・スモール・セルの需要で急成長を見ています。」
「これらの配備シナリオは著しい技術的な挑戦を表わします。しかし、私たちの適応性のある技術は、最初から開架のモードで走ることを目指しました。私たちは、過去2年にわたってパブリック・アクセス・スモール・セルの実質基準を構築しました。また、この現実世界の経験はActiveCell(tm)技術の開発に結びつきました。」と言っている。

ついに、ピコ・セルやフェムト・セルを使ったホット・スポットが実現し始めた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.