gaYa広告

2012年06月14日

英国監査室、ボーダフォン税解決は公平。

Cellular-Newsは、イギリスのNAO(National Audit Office/会計検査院)が、収税官といくつかの大企業の間の論争の的になっている和解契約へ報告書を出しており、「これらでは、5つのケースがすべて合理的だった。」と結論を下したと報告した。

さらに、それらを解決する際に、部は成功裡に多数の、長い未解決の税金に関する問題点を解決した。

その場合のうちの1つは、イギリスで相当な政治議論を引き起こしたボーダフォンとの£12.5億(US$19億5000万)合意であった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

NAOは2011年12月に、HMRC(Her Majesty's Revenue and Customs/皇后陛下収入と関税)の間で同意された居留地および最近の税務争訟を解決する大企業の分別性でイギリス下院公会計委員会に報告するように依頼された。

NAOはアンドリュー・パーク候(Sir Andrew Park)によってその調査の中で支援され、この人は£12.5億でHMRCがボーダフォンとの9つの1年にわたる論争を解決することが「正しかった」と結論を下した。
もし事件が解決されていなければ、それは訴訟になった。

これが起こっていた場合、HMRC]が何も受け取っていなかっただろうという本質的な危険があった。

ステートメントで、ボーダフォン・グループ最高財務責任者アンディー・ハルフォード(Vodafone Group Chief Financial Officer Andy Halford)は、
「1年間以上、ボーダフォンは、不適当な行為で偽って告訴されました。一貫して述べられて、私たちが持っているとともに、それらの攻撃は不当で不正でした。私たちはHMRC和解プロセスの全体にわたる極限の適否で行動しました。また、会計検査院は、結果が英国の納税者によかったと今結論を下しました。私たちはこの弁明を歓迎します。ボーダフォンは、常に法律内に私たちの事務を適切に勤勉に管理することに対する強い関与、およびすべての適切な税務当局への完全開示を持った信頼できる会社でした。」

NAOによる報告書はボーダフォンに名指しで触れなかったが、それは明白に識別可能で、付録1中の「事件D(Case D)」に詳細に議論されている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。