2012年06月14日

Microsoft's Internet Explorer 7に対する世界初の税金!

BBC Newsは、オーストラリアのオンライン小売業者Kogan.comは、IE7(Microsoft's Internet Explorer 7/マイクロソフト・インターネット・エクスプローラ7)ブラウザに対して、世界初の「税金」を導入したと報告した。

IE7を使用するカスタマーは、会社のサイトを通じて、オンラインでの買い物で、余分な付加料金を払わなければならない。

最高経営責任者ルスタン・コーガン(Chief executive Ruslan Kogan)はBBCに、彼が「古代のブラウザにWebサイトを翻訳する」ことに関与する時間とコストを取り戻したかったと伝えた。

チャージは、IE7着手以来、毎月6.8%〜0.1%にセットされている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ルスタン・コーガンによれば、会社がサイト再構築に取り組み始めた時、その考えは生まれた。

ルスタン・コーガンは、彼の顧客の3%だけがブラウザの古いバージョンを使用したが、ページをIE 7に適切に表示させるために適応物を作ることで、彼のITチームがあらかじめ占められるようになったと言った。

「私は、Webチームへのライン上に絶えずいました。私たちのWebサイト外観をIE7の上で正常にすることに関与する仕事と努力の量は、Chrome、サファリおよびFirefoxのために設計する結合した時間と等しかった。」

ルスタン・コーガンは、実際には、誰でもその料金を払いそうもないと言った。

彼のゴールは、インターネット・エクスプローラーのより最新のバージョンあるいは異なるブラウザをダウンロードするようにユーザを激励することであった。

ルスタン・コーガンは、彼の顧客が非常に理解力があり、彼の努力に対する多くの賞賛を受け取ったとBBCに伝えた。

「IE7税が好きにしてください。私は、それが有効になることを望みます。」というのは、Twitterでコーガンに郵送されたメッセージのうちの1つであった。

IE7は2006年に始められた。
しかし、その時以来、マイクロソフトはソフトウェアに2つの主な最新版をリリースした。
インターネット・エクスプローラー10の着手は秋に予定されている。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト