on-the-time.jp

2012年06月14日

ユーザー活動を追跡するアップルは、自己弁護しなければならない。

BBC Newsは、カリフォルニアの連邦判事(federal judge in California)が、アップルのデバイスでユーザーの活動を追跡すると分かった後、起こされた訴訟からアップルが自己弁護しなければならないと裁決したと報告した。

原告は、アップルのアプリケーションによって秘密の動作を記録することができ、何百万ものiPad、iPhoneおよびiPodの他のアクションがユーザーに触れる、と主張した。

その事件は、アップルに対して起こされた多数の訴訟をともに包んでいる。

会社は、利用者規定でそれの責任から保護すると主張した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

しかし、連邦判事ルーシー・コー(federal judge Lucy Koh)は、収集された情報がすべて許されるかどうかに関して、ある「曖昧さ」があると言いました。

韓国系連邦判事ルーシー・コーに、アップルは弱い。

前も負けた!

Cellular-Newsは2011年12月05日に、アップル(Apple)がサムソン(Samsung)のスマートフォン製品の販売を米国で阻止しようとしたが、カリフォルニアの裁判官はその予備的差止命令の要請を拒絶したたことで、アップルの失敗になったと報告した。

コンピュータ不正行為、電話盗聴器およびレコード開示に取り組む連邦法の下のクレームは捨てられた。
裁判官はさらに、アップルが顧客のプライバシーの権利を侵害したというクレームを捨てた。

プライバシー・クレームをうちのめす際に、ルーシー・コー裁判官は、想像上の侵入がこの事件で「社会規範の実にひどい違反」でなく、さらに「型通りの商用振る舞い」と考えられるかもしれない、と言った。

「AdMarval」、「Admob」、「Flurry」および「Medialets」のようなオンライン広告機関と同様にGoogleも、その場合から完全に捨てられた。

これらの被告はアップルが非難されたデータの潜在的な受益者として、集まり漏れることで含まれていた。

訴訟は、iPhoneユーザーの動作がそれらのデバイスを通してモニターされていたことをその研究が示した2人のコンピュータ・プログラマーからの2011年4月のプレゼンテーションに続いた。

それは、規制者が変を要求し、アップルが作ると約束した火事嵐を刺激した。

その時に、アップルはトラッキングiPhone位置を否定し、ユーザーによって許可されたexplicity以外、会社が第三者と位置データを共有したことがないと言った。

しかし、会社は、バグ位置データによって時々集められたことを認めた。

バグは後のソフトウェア・アップデートの中で修正された。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告