on-the-time.jp

2012年06月14日

コカ・コーラが、60年ぶりにビルマへ戻ってきた!

BBC Newsは、投資制裁を保留するという、米国の決定に続いて、コカ・コーラ(Coca-Cola)は60年ぶりに、ビルマでビジネスを再開すると報告した。

国が民主改革に近づいたように、職員は先月制裁を保留にした。

コカ・コーラは、米国政府が、ビジネスを可能にするライセンスを出すと、すぐにビルマで取引し始めるだろうと言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

コカ・コーラは世界で3カ国だけビジネスを展開していなかった。

フィデル・カストロ政府が個人の財産を差し押さえ始めた時、世界で最大の清涼飲料メーカーはキューバ革命の後にキューバを去った。
また、北朝鮮で作動していない。

米国大使館が襲われ、大使が人質になったイランでは、コカ・コーラが売っていそうだ!

あの、最初は薬のようなコカ・コーラが、ビルマの人達を民主改革のシンボルとして侵し始める。

そう言えば、砂漠を一人旅して、オアシスで飲んだコーラは、文化を感じた。

あれは、なんだったのだろう???

ステートメントで会社は、ビルマで機側操作を確立するとともに、彼らが近隣の国々から輸入する製品で始まるだろうと言った。

生産は、少し遅れるようだ!

ビルマは1962年から2011年まで、異議をほとんどすべて抑えて、国際批判と制裁に直面して、絶対的な権力を振った軍事政権によって支配された。

米国およびヨーロッパのリーダーは、数十年間で最初の訪問を最近行っており、ビルマが民主主義の改革へのさらなるステップを取るとともに、縮小された制裁を提供した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト