on-the-time.jp

2012年06月14日

コカ・コーラが、60年ぶりにビルマへ戻ってきた!

BBC Newsは、投資制裁を保留するという、米国の決定に続いて、コカ・コーラ(Coca-Cola)は60年ぶりに、ビルマでビジネスを再開すると報告した。

国が民主改革に近づいたように、職員は先月制裁を保留にした。

コカ・コーラは、米国政府が、ビジネスを可能にするライセンスを出すと、すぐにビルマで取引し始めるだろうと言った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

コカ・コーラは世界で3カ国だけビジネスを展開していなかった。

フィデル・カストロ政府が個人の財産を差し押さえ始めた時、世界で最大の清涼飲料メーカーはキューバ革命の後にキューバを去った。
また、北朝鮮で作動していない。

米国大使館が襲われ、大使が人質になったイランでは、コカ・コーラが売っていそうだ!

あの、最初は薬のようなコカ・コーラが、ビルマの人達を民主改革のシンボルとして侵し始める。

そう言えば、砂漠を一人旅して、オアシスで飲んだコーラは、文化を感じた。

あれは、なんだったのだろう???

ステートメントで会社は、ビルマで機側操作を確立するとともに、彼らが近隣の国々から輸入する製品で始まるだろうと言った。

生産は、少し遅れるようだ!

ビルマは1962年から2011年まで、異議をほとんどすべて抑えて、国際批判と制裁に直面して、絶対的な権力を振った軍事政権によって支配された。

米国およびヨーロッパのリーダーは、数十年間で最初の訪問を最近行っており、ビルマが民主主義の改革へのさらなるステップを取るとともに、縮小された制裁を提供した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト