on-the-time.jp

2012年06月14日

コカ・コーラが、60年ぶりにビルマへ戻ってきた!

BBC Newsは、投資制裁を保留するという、米国の決定に続いて、コカ・コーラ(Coca-Cola)は60年ぶりに、ビルマでビジネスを再開すると報告した。

国が民主改革に近づいたように、職員は先月制裁を保留にした。

コカ・コーラは、米国政府が、ビジネスを可能にするライセンスを出すと、すぐにビルマで取引し始めるだろうと言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

コカ・コーラは世界で3カ国だけビジネスを展開していなかった。

フィデル・カストロ政府が個人の財産を差し押さえ始めた時、世界で最大の清涼飲料メーカーはキューバ革命の後にキューバを去った。
また、北朝鮮で作動していない。

米国大使館が襲われ、大使が人質になったイランでは、コカ・コーラが売っていそうだ!

あの、最初は薬のようなコカ・コーラが、ビルマの人達を民主改革のシンボルとして侵し始める。

そう言えば、砂漠を一人旅して、オアシスで飲んだコーラは、文化を感じた。

あれは、なんだったのだろう???

ステートメントで会社は、ビルマで機側操作を確立するとともに、彼らが近隣の国々から輸入する製品で始まるだろうと言った。

生産は、少し遅れるようだ!

ビルマは1962年から2011年まで、異議をほとんどすべて抑えて、国際批判と制裁に直面して、絶対的な権力を振った軍事政権によって支配された。

米国およびヨーロッパのリーダーは、数十年間で最初の訪問を最近行っており、ビルマが民主主義の改革へのさらなるステップを取るとともに、縮小された制裁を提供した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト