on-the-time.jp

2012-06-14

コカ・コーラが、60年ぶりにビルマへ戻ってきた!

BBC Newsは、投資制裁を保留するという、米国の決定に続いて、コカ・コーラ(Coca-Cola)は60年ぶりに、ビルマでビジネスを再開すると報告した。

国が民主改革に近づいたように、職員は先月制裁を保留にした。

コカ・コーラは、米国政府が、ビジネスを可能にするライセンスを出すと、すぐにビルマで取引し始めるだろうと言った。

[AD] You can advertise on this site.

コカ・コーラは世界で3カ国だけビジネスを展開していなかった。

フィデル・カストロ政府が個人の財産を差し押さえ始めた時、世界で最大の清涼飲料メーカーはキューバ革命の後にキューバを去った。
また、北朝鮮で作動していない。

米国大使館が襲われ、大使が人質になったイランでは、コカ・コーラが売っていそうだ!

あの、最初は薬のようなコカ・コーラが、ビルマの人達を民主改革のシンボルとして侵し始める。

そう言えば、砂漠を一人旅して、オアシスで飲んだコーラは、文化を感じた。

あれは、なんだったのだろう???

ステートメントで会社は、ビルマで機側操作を確立するとともに、彼らが近隣の国々から輸入する製品で始まるだろうと言った。

生産は、少し遅れるようだ!

ビルマは1962年から2011年まで、異議をほとんどすべて抑えて、国際批判と制裁に直面して、絶対的な権力を振った軍事政権によって支配された。

米国およびヨーロッパのリーダーは、数十年間で最初の訪問を最近行っており、ビルマが民主主義の改革へのさらなるステップを取るとともに、縮小された制裁を提供した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE