on-the-time.jp

2012年06月14日

オーバーラップする銀河「NGC 3314」

NASAは、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が、「NGC 3314」と呼ばれる1組のオーバーラップする銀河についてのまれな視点を捕らえた画像を公開した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

2つの銀河は、それらが衝突しそうに見える。
しかし、それらは、数千万光年、あるいは私たちのミルキーウェイと近隣のアンドロメダ星雲の間の約10倍の距離によって実際には、別々の銀河である。

2つの銀河で起こった偶然の整列は、地球から見られ、より接近している正面向きの螺旋、「NGC 3314A」の中のシルエットで掛かった渦巻腕をユニークに見せている。

Image Credit: NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)-ESA/Hubble Collaboration, and W. Keel (University of Alabama)

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト