2012-06-14

ドイツ警察、超保守的なイスラム教Salafistsをターゲットに襲撃を開始!

BBC Newsは、ドイツの警察が社会的秩序を脅かした疑いをかけられた超保守的なイスラム教のSalafistsをターゲットとした、全国的な襲撃を開始したと報告した。

捜査は、バイエルン(Bayern)、ベルリン(Berlin)、とノルトライン・ウェストファーレン(North Rhine-Westphalia)州を含む7つの州でSalafistsのホームおよび会場で2012年06月14日木曜日午前に起こった。

[AD] You can advertise on this site.

ゾーリンゲン(Solingen)の西部都市をベースを置いて、ミラツ・イブラヒム(Millatu Ibrahim)と呼ばれるSalafistグループが禁止されている。

今回の奇襲は、警察とあるSalafistsとの衝突がきっかけであった。

ドイツ政府当局は、Salafistsが西洋の民主主義に反対だったスンニ派イスラム教のカリフ(Sunni Islamic caliphate)の地位を作成したいと信じている。

襲撃のうちの1つで警察は、ケルンでSalafist説教者イブラヒム・アーブー・ナギー(Ibrahim Abu Nagie)のホームからアイテムを取り除いた。

当局は、自由なコーランの分配を含む支持者を募集するSalafistキャンペーンをモニターしている。

ドイツの国営テレビ局のARD報告で約4,000の活発なSalafistsがいると考えられている。

彼らはみんな、ほとんどの工場で起こっている人材不足で集められた人達である。

とくに自動車組み立て工場では、多くが働いている。

彼らが居なければ、現在のドイツの繁栄は考えられない。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.