gaYa広告

2012年06月14日

ブルガリアで、700歳の「吸血鬼」の遺骨を国立博物館で展示!

美容と医学の科学

BBC Newsは、ブルガリアの国立歴史博物館(National History Museum in Bulgaria)で700歳の「吸血鬼(vampire/バンパイアー)」の遺骨を展示したと報告した。

異端者の習慣によれば、それらが吸血鬼として返ることができなかったように、それらの人々は、死の後に心臓に鉄棒で突き刺された。

そのような2つの遺骨が黒海の町ソゾポル(Sozopol)の僧院で発掘されたと、BBC Newsは2012年06月06日に報告している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

ブルガリアの考古学者は、2つの中世の骨格が恐らくそれらが吸血鬼へ戻り、人間の血液で祝宴を開くことを止めるために鉄棒で胸を貫かれていたと言っている。

歴史家は、1世紀以内前にいくつかの村において共通の異端者行われていたと説明している。

同様の遺跡発掘現場も他のバルカン半島の国々でも発見されていた。

ブルガリアは約100の既知の「吸血鬼」が埋葬された家がある。

捜索者は、黒海町ソゾポルで中世にさかのぼって、最新の2標本に遭遇した。

ブルガリアの首都ソフィアにある国立歴史博物館館長ボジダール・ディミトロフ(Bozhidar Dimitrov who heads the National History Museum in the Bulgarian capital Sofia/Националният исторически музей)が、「棒で突き刺されたこれらの骨格は、20世紀の最初の十年間までに、いくつかのブルガリアの村において一般的に行われていたことを説明した。」

人々は、彼らが真夜中で去り、かつ生活を脅迫するのを防ぐために、それらの墓へ棒が死者をピンで留めただろうと思った、と歴史家が付け加えた。

アーキオロジストノペータ・バラバノフ(Petar Balabanov)は、2004年に東部のブルガリアの町デベルテ(Debelのの近くのサイトでの6つの釘づけにされた骨格発見した、異教の儀式も近隣のセルビアおよび他のバルカン半島の国々で実行されたと言った。

吸血鬼伝説は、この地域の民俗学で重要な部分を形成している。

この神話は、1897年に最初に公表され、それ以来多数の映画バージョンに変えられ、ブラム・ストーカー(Bram Stoke)の伝説の中世のホラー小説「ドラキュラ(Dracula)」を直接励起した。

黒海の町ソゾポル(Sozopol)のGoogle Earthポインター情報
42°25'2.52"N,27°41'46.88"E
または、
42.417367, 27.696356

国立歴史博物館(BNational History Museum/Националният исторически музей)のGoogle Earthポインター情報
42°39'19.62"N,23°16'15.11"E
または、
42.655450, 23.270864

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。