2012年06月14日

スー・チーはジュネーブの国連で、労働者の権利について訴えた!

BBC Newsは、ビルマの民主化指導者アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)は、ビルマで民主主義の支援を要求しており、労働者の権利を無視する経済発展に対して警告したと報告した。

彼女は1988年以来最初の訪欧の最初に、ILO(International Labour Oganization/国際労働機関)を訪ねた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

LOは、ビルマで子どもと奴隷労働(against child and slave labour in Burma)に対する長いキャンペーンを繰り広げた。

スピーチでは、アウン・サン・スー・チーは、軍事独裁のために長く分離されて、彼女の祖国へ達する国際社会によるステップを歓迎した。

「国際社会は、非常に私の祖国へもたらそうと頑張っています。また、正しい方法に答えることは我が国の責任です。」と言った。

彼女は、ビルマで強制労働に対するその長いキャンペーンのために最初にILOに行くことに決めた。
自宅監禁の彼女の長年中にスポットライトの中で、キャンペーンは、強圧的な政権を守ったと、ジュネーブでBBCのイモジェン・フォルケス( Imogen Foulkes)が言った。

アウン・サン・スー・チーは、彼女の祖国が今、ビジネスにはオープンになっていることによく気づいている。
外人投資家はこの新しいアジアの経済に興味を持っている、と私たちの特派員が言った。

しかし、民主化指導者は、ビルマが「民主主義にやさしい開発成長」を必要とすると主張した。
また、彼女は利益が人々と共有される、よりよい将来を構築するために国際社会の支援を必要とした若い人に要求した。

アウン・サン・スー・チーは、「私は、政治改革に有益な社会および経済進歩の促進により、民主化プロセスを強くする援助および投資を要求したい。」と言っている。

確かに、ビジネスにはオープンになっても、一握りの金の亡者だけの懐が暖まるのでは、民主化とは言えない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告