on-the-time.jp

2012年06月14日

ツール・ド・フランスで7回優勝したアームストロング、アンチ・ドーピングで起訴!

BBC Newsは、USADA(US Anti-Doping Agency/米国アンチ・ドーピング機関)は、7回のツール・ド・フランスで優勝したランス・アームストロング(Seven-time Tour de France winner Lance Armstrong)を起訴し、それに対して、「ベースが悪意によって動機づけられた」と起訴を非難したと報告した。

彼に対する起訴状は、2009年と2010年にドープする以前に、公表されていないクレームを含む、と報告書が述べている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

引退の後の2011年に、40歳の彼が取り上げたスポーツであるトライアスロンで競技に参加することは、直ちに禁止させられや。

アームストロングは彼のウェブサイトで、「私はドープしたことがありません。」と声明を公開した。

「これらのチャージには証拠がなく、悪意によって動機づけられています。」と言っている。

15ページのレターでUSADAは、その調査が長年にわたって、および「浸透しているドープする常用パターン」、非難されたアームストロングは、1996年までさかのぼる証拠を含んでいたと言った。

彼からの2009年と2010年の血液サンプルを集め、それは、「EPO使用と(または)輸血を含む血液捜査と完全に一致していた。」と言った。

サイクリング・チーム従業員と同様に10人を超えるサイクリストも運動能力向上薬と技術を使用して、ランス・アームストロングを目撃したことは、手紙に書かれている。

彼は生涯禁止に直面し、彼が運動能力向上薬を使用したと分かれば、賞をはぎ取ることもできると、BBCのレポーターは、ワシントンから報告している。

自転車競技は、日本と比較すると、ヨーロッパではもの凄い人気で、7回のツール・ド・フランスで優勝は、天文学的英雄である。

それが、ドーピングで地に落ちたとは、考えたくない。

2011-10-07---2011-10-07
2011-10-06---ラシュワン・メリット、オリンピックのドーピング検査を覆す!
2011-05-10---2011-05-10
2010-09-26---イギリスのラグビー・スターのテリー・ニュートンを死体で発見。
2008-10-16---ドイツの公共TV、ドーピング問題で生放送を中止!
2008-07-31---北京オリンピックとドーピング問題。
2008-06-20---ヨーロッパ放送局、ドーピング問題でスポーツ報道を切る!?
2008-01-17---ドイツの公共TVARDがドーピング問題を間違って報道し、謝罪。
2008-01-15---中傷記事で、Le Mondeのジャーナリストに、裁判所が30万ユーロ罰金。
2007-12-13---米国大リーグのドーピング問題は、インターネットが詳しい!
2007-08-01---ドイツはドーピング検査の後しか、TV放送しない!
2007-07-26---スイスの最大日刊紙Tages-Anzeigerのツール・ド・フランス掲載を止めた。
2006-12-07---リアル・マドリードとバルサでドーピング疑惑!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。