on-the-time.jp

2012年06月14日

東京で、スパイダーマン・プレミアショーを開催!

BBC Newsは、28歳のイギリスの俳優アンドリュー・ガーフィールド(Andrew Garfield)が主役でデビューした、最新のパイダーマン映画シリーズ「The Amazing Spider-Man」が東京でプレミア・ショーを開催し、プレミア・ショーにはアンドリュー・ガーフィールドも現れたと報告した。

東京で限定公開され、世界での公開は2012年07月03日になる。

つまり、世界中の人が知らない最新版のスパイダーマンが東京だけで見ることができる。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

今回の内容は、おかしなティーンエージャーのピーター・パーカーがどのようにしてスーパーヒーローになるか説明している。

つまり、スパイダーマン誕生秘話!?

アンドリュー・ガーフィールドは、トビー・マグワイア(Tobey Maguire)がスクリーン上で演じた前の3作の主役を引き継いだ。

3D映画のエマ・ストーン(Emma Stone)と新しい悪漢リース・アイファン(Rhys Ifans)が共演している。

ソーシャル・ネットワークにおける彼の役割で最もよく知られているガーフィールドは、ロイター通信社に、
「スパイダーマンは常に唯一のティンエイジャーのスーパーヒーローで、私見で最も人間らしかった。
また、それはまさに他を引き離すものの1つです。」
「彼はあまりにも人間的です。それは彼に関して素晴らしいことです。」と言っている。

映画スパイダー-マン三部作は、2002年に始まり、2004年と2007年の続き、サム・ライミ(Sam Raimi)によって監督された。

フランチャイズで最新版はマーク・ウェッブ(Marc Webb)によって監督された。

マーク・ウェッブは2009年に、夏のロマンチック・コメディー「(500) Days of Summer」でヒット作を監督した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト