2012年06月14日

警視庁、初めてスマートフォン詐欺立件!

日経新聞は、日本で初めてスマートフォンを使った架空請求により料金をだまし取る不正指令電磁的記録供用と詐欺の疑いで、元IT関連会社社長を逮捕したと報告した。

警視庁サイバー犯罪対策課は2012年06月14日に、和歌山県新宮市神倉二に住む45歳の元IT関連会社社長真砂千執容疑者と、東京都江戸川区東葛西のインターネット関係会社役員で27歳の蒔田和典ら6人を不正指令電磁的記録供用(イルス供用)と詐欺の疑いで逮捕した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

警視庁サイバー犯罪対策課によると、真砂千執容疑者らは、2011年12月末にアンドロイド(Android)専用のアダルトサイト「NEW」を設立し、無料のアダルト動画が見られるAppを公開した。
このAppをインストールすると同時に、スマートフォンかた利用者の電話番号やメールアドレスを抜き取る仕組みに設計し、約9,252人分の個人情報を盗み出した。

また、インストールと同時に「未入金要確認 金額9万9,800円となります。」などという架空の会員料金請求画面を5分おきに表示させ、約200人に総額約2,100万円を金融機関の口座に振り込ませていた。

逮捕容疑は2011年12月末かた今年1月末までに、ウイルスを組み込んだAppをインターネット上に公開し、架空の料金請求で、50代の埼玉県在住の会社員男性から9万9,800円をだまし取った疑いであった。

真砂千執容疑者は、「利用規約を書いていたので違法とは思わなかった」と容疑を一部否認している。
残る2人も容疑を否認しているが、3人は認めている。

これは、Q2時代からの詐欺技法で、それをスマートフォンに置き換えたもので、スマートフォンの場合は、5分おきに表示させなど、スパムを使ったDDoS攻撃のような容赦のない攻撃が可能となる、

このような場合は、メール・アドレスと電話番号を変更する以外に方法はなく、ただし、住所まで盗まれていると、自宅まで請求書が届き、追いはぎのような事件にまで発展する可能性もある。

被害者は、警察に相談すべきだろう。

このような犯罪Appは、Googleにも責任の一環がある。

アダルトサイト「NEW」は、インターネット上で問題が指摘され、1月末ごろに削除された。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。