on-the-time.jp

2012年06月14日

キャッシュレス社会での生活「The end of money」

モバイル・マネー銀行

BBC NEWSは、著者デービッド・ウォルマン(David Wolman)が、現金は汚く、作るのに高価で、崖からちょうど今、押されるべきである、と言った。

彼は新しい本「The End of Money: Counterfeiters, Preachers, Techies, Dreamers- And The Coming Cashless Society,(お金の終焉:偽造者、説教者、テッキー、空想家---そして次のキャッシュレス社会。)」で、クリップに止められた紙、金属の小さなディスクの滑落を賞賛している。

しかし、ウォルマンは、この本を書き、一年間現金なし生活している間に、金銭の将来が正当なドルおよびセントよりさらにもっとたくさんに関係していることを知った。

私は2011年の始めに、お金が変わると宣言した。

そして、デービッド・ウォルマンは実戦して本を書いた。

しかし、残念なのは、その実験が先進国の都会であった。

そこにはまだ、自分のお金で支払っても手数料が取られることに抵抗のない人が使うクレジットカードと、それほど汚れていない現金があった。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

例えば、バングラディッシュ、インドの田舎、アフリカ、中南米などに行くと、お金を印刷し、コインを作ることが高価であり、古く、誰が、どこで使ったか判らないお金が流通している。

また、米国のドル紙幣は、ほとんどがコカインに汚染されていた。

本当に汚れ、バクテリアの巣になっているお金を使って、レストランで支払いが行われている。

そんな汚れたお金で、クッキーを買って大丈夫?と聞きたくなる光景は、そこら中で行われている。

そのお金は、何日も風呂に入っていない、どこの浮浪者が使ったのですか?

BBCのビデオは、リー・ぺーターソン(Leigh Paterson.)によって作られました。

私はすでに、もの凄い数のレポートを収集し、2年ほど前に、ある出版社に本を書かせてくれと言ったことがある。

しかし、電話口にでた人は、まったく理解できなかった。
ほんの少し前が、見えていない編集者に落胆した。

今、お金は急速に変わり、それを扱う銀行、クレジットカード会社の慌て振りは、チャップリンの喜劇より面白い。

デービッド・ウォルマンは、紙幣を折り紙用にしか使わなくなった。

多分、私の資料は、デービッド・ウォルマンの数倍はあるだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告