on-the-time.jp

2012年06月07日

シュピッツァーは、初めてオブジェクトが猛烈に燃えていたのを発見。

NASAは、スピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)を使用して、宇宙のまさに弱い固まりの光は、初めて最良の正確さで検知されたかもしれないと報告した。

シュピッツァーによって明らかにされた光の隠れたパターンは、激しく大質量星あるいは貪欲なブラックホールであるかもしれない。

天文学者は、宇宙で生じた最初の星および銀河からであるように見える、光のパターンの覆いを取り、それらの集合的なパターンの赤外光であるように見えるもので新しく説得力のある証拠を捕らえた。

その観察は、最初の物体が多量に多数で猛烈に宇宙の燃料を燃やしたことを確認することを支援した。

軽いパターンは、スピッツァー宇宙望遠鏡によって観察された細長い空の内に隠されていた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

これらの2枚のパネルは「拡張グロート・ストリップ(Extended Groth Strip)」とあだ名をつけられて、星座Boötesの中を示している。

カバーされたエリアは約1×0.12度である。

前景星、より弱い銀河の混乱を含むシュピッツァーのこのパッチのトップ・パネル・ショーの最初の赤外線視界、および4.5ミクロンの波長で見られた。

より低いパネルでは、解決された星および銀河はすべて、パッチを灰色にするイメージで覆われた。
また、残る背景光は滑らかにされ、増強された。

この処理はオリジナルの画像で見られることがあまりにも弱い構造を明らかにした。

より低いパネルの構造は、単に宇宙で形成された最初の銀河からクラスタのパターンのために期待するものと一致した。

たとえどんな特別の初期銀河系はも弱すぎるだろうので個々に見ることができなくても、この技術はどのものがビッグバン直後にようだったか、天文学者がよりよく理解することを可能にしている。

Image credit: NASA/JPL-Caltech/GSFC

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。