on-the-time.jp

2012年05月30日

ボーダフォンの幹部の死因は、急性アルコール中毒による心臓発作。

Cellular-Newsは2012年05月31日に、ボーダフォンの幹部が今年の初めにホテルのミニバーでイギリス飲料限界の5倍の消費で、遺体が見つかった事件で、検死の結果が2012年05月30日に発表され、心臓の病気によって増したアルコール中毒で彼が死んだことを知ったと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

39歳で死亡したマーク・ブレスリン(Mark Breslin)はイギリスと米国の二重国籍者で、2012年2月にシアトルのホテルで死んでいるのが見つかった。

彼はボーダフォンでマシン・トゥ・マシン部門(Machine-to-Machine division)を率いていた。

英国の検死官によると、検死の結果として2012年05月30日に発表されが、彼がその夜単独で飲んでいたか、会社の誰かと一緒であったか、それが未知であると伝えられた。

尋問検死官は、マーク・ブレスリが飲み過ぎて死ぬつもりでなかったと分かった後に、不運な事故と記録した。

彼の死に続いて、ボーダフォンのスタッフは彼の記憶としてイギリス心臓病支援基金(British Heart Foundation)として£3,400を寄付した。

仕事が厳しくなると、深酒になるから、酒は止めた方が良い!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。