AD SPACE

2012-05-30

ボーダフォンの幹部の死因は、急性アルコール中毒による心臓発作。

Cellular-Newsは2012年05月31日に、ボーダフォンの幹部が今年の初めにホテルのミニバーでイギリス飲料限界の5倍の消費で、遺体が見つかった事件で、検死の結果が2012年05月30日に発表され、心臓の病気によって増したアルコール中毒で彼が死んだことを知ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

39歳で死亡したマーク・ブレスリン(Mark Breslin)はイギリスと米国の二重国籍者で、2012年2月にシアトルのホテルで死んでいるのが見つかった。

彼はボーダフォンでマシン・トゥ・マシン部門(Machine-to-Machine division)を率いていた。

英国の検死官によると、検死の結果として2012年05月30日に発表されが、彼がその夜単独で飲んでいたか、会社の誰かと一緒であったか、それが未知であると伝えられた。

尋問検死官は、マーク・ブレスリが飲み過ぎて死ぬつもりでなかったと分かった後に、不運な事故と記録した。

彼の死に続いて、ボーダフォンのスタッフは彼の記憶としてイギリス心臓病支援基金(British Heart Foundation)として£3,400を寄付した。

仕事が厳しくなると、深酒になるから、酒は止めた方が良い!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.