2012年05月29日

YouTubeはフランスの裁判所で著作権事件に勝った。

ロイターは、フランスの裁判所はGoogleがYouTube上のコンテンツをろ過し、著作権のあるスポーツのために損害賠償訴訟を起こしたフランスの放送局TF1に、ビデオ・シェアリングWebサイトに最後になった映画に打撃を与えて、裁決した。

TF1は破損で14100万ユーロを要求したが、Googleに法定料金の80,000ユーロを払うことを命じた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

その決定は、コンテンツの「エディター」ではなく、コンテンツ用の「プラットフォーム」としてビデオ・シェアリングWebサイトが分類され、2011年のフランスで初期の場合を映し出した。

2つのフランスの決定は、Webサイトが法律上それらが一旦版権所有者が存在を示せば、それを削除するステップを取る限り、海賊版の内容が現われないことを保証する原因ではないことを意味した。

マウンテンビューのGoogleは他にも、米国でメディア大手バイアコム(Viacom)、イタリアの放送局MediasetでYouTubeサイトが海賊版のコンテンツの原因かどうかで、直面している。

YouTubeが原因だったと4月に裁決されたドイツの裁判所は、コンテンツが公表されたそのユーザー、または著作権のあるクリップを降ろすべきか、高額のロイヤルティに直面するに違いない。

さらに4月に、米国の上訴裁判所は、バイアコム、イギリスのプレミアリーグ、および広告ユーチューブ上の著作権のあるビデオの使用に関する他のメディア会社によって訴訟を復活させることにより、Googleに圧力の風を加えた。

フランスでは法廷が、Google側についた。

実に裁判は不平等で、均一性のない判決が多いことか?

裁判とは、平等性が基本というのは、大嘘!

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。