on-the-time.jp

2012年05月29日

ジョブスが死んで、11%の消費者がアップルを嫌いになった!?

Cellular-Newsは、ほとんどの先進国世界では、スティーブ・ジョブス(Steve Jobs)が10月前半に他界したことを今ごろはもう一度認識したと報告した。

また、ほぼ誰でも、共同設立した会社アップルとジョブズを同一視する。

ティム・クックは、次のスティーブ・ジョブスではないと言った。
しかし、その前にアップル・ユーザーの11%がティム・クックを嫌っているのでは?

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

ほとんどは、ピクサーとトイ・ストーリーに、あるいはピクサーを買収したディズニーの筆頭株主としてスティーブ・ジョブスの名前を提案しない。

しかし、彼がアップルのイメージに非常に緊密に結び付けられ、彼が死んで以来、会社のイメージへの衝撃で、何が起こったか?

5月の初めにiGRは、来たる研究報告書のために、データを提供する米国の消費者に関する調査を行なった。

Wi-Fi、タブレット、スマートフォン、アプリケーション、コンテンツおよびLTEの使用に関する質問に加えて、スティーブ・ジョブスが死んだので、iGRは、さらに回答者にアップルのイメージに関する質問を加えた。

具体的な質問は、アップルについての認識/視界は、どのようにスティーブ・ジョブス行ってしまって以来変わったかについて尋ねた。

* 1%は、アップルのイメージが、スティーブ・ジョブスの死んだことで非常に改善されたと言った。
* 3.5%は、スティーブ・ジョブスの死んだことで、会社の認識が改善したと言った。
* 84%は、スティーブ・ジョブスの死んだことで、イメージが変わっていなかったと言った。
* 9.4%は、ティーブ・ジョブスの死んだことで、知覚が悪化したと言った。
* 1.7%は、ティーブ・ジョブスの死んだことで、アップルの認識が非常に悪化したと言った。

これは明らかに、11%がアップルのそれらの認識が熱望されたジョブ以来悪化したと言うことの関係であった。
これは否定的にアップルの販売を密着させるほど大きなグループになっている。

調査が大きなサンプルを使用したので、iGRは人口分析の分裂を見て、11%異常で見つけることができる。

* アップルの悪化したイメージを備えたものは、かつ取った45歳以上の年を取った人で、可能性が12 -18%あった。
* さらに、その11%はより高い家計収入、高度教育され、少なくとも大学程度より高く、結婚していた。
* 世帯で子どもを持っていることは、アップルの認識を密着させるように見えた。

しかし、アップルのための良いニュースは、11%がアップルので悪化したと認識いうで、特にサムソンまたはモトローラのスマートフォンと共に、アンドロイドのスマートフォン・ユーザーでおよそ12%あるということだった。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。