gaYa広告

2012年05月29日

24年ぶり、アウン・サン・スー・チーがビルマ国外に出立った!

BBC Newsは、ビルマの野党党首アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)が20年間以上ぶりのビルマの国外に出て、タイに着いたと報告した。

彼女は、東アジアに関する世界経済フォーラム(World Economic Forum on East Asia)に出席する。

彼女は、過去20年間、自宅監禁の下で、あるいはもしビルマを出ると、彼女が戻ることを認められないと恐れていた。

しかし、最近の改革は先月、議会への彼女の選挙に結びついた。
また、彼女は、戻ることができるだろうと確信している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

彼女は、5月前半にパスポートを与えられた。

彼女がラングーンの空港を発つとともに、今回の旅行は「私の仕事の一部です。私は4日か5日間とどまるつもりです...私は1つの難民キャンプを訪れます。」とAFP通信社に伝えた。

概算で、130,000人のビルマ難民が家で迫害を避け、タイのキャンプに住んでいる。

彼らに帰国しても安全だと言えるかどうか?
注目されている。

タイへの旅行の後、彼女は、6月にヨーロッパへ旅行する前に、ビルマへ戻ることを計画している。
彼女が1991年に受賞したノーベル平和賞を正式に受理するために、彼女はノルウェーへ行くつもりでありさらに、、彼女の家族がいるイギリスを訪れることを予定にしている。

さらに、彼女がジュネーブ、パリおよびアイルランドへ行くことが報告された。

ビルマには、アウン・サン・スー・チーが居たから路線変更が行える。
キューバにも、ヨアニ・サンチェス(Yoani Sanchez/Yoani Sánchez)をはじめ、多くの活動家が居る。

北朝鮮は、誰もいない。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト