gaYa広告

2012年05月23日

子どもを「洗濯機」で洗ったベビーシッター不起訴!

AFPは2012年05月25日に、米国のニュージャージー(New Jersey)州カムデン(Camden)にあるコインランドリーで、ベビーシッターと友人男性が面倒を見ていた1歳の幼児をドラム式洗濯機の中に入れ、そのままふたを閉めて機器を始動させるという事件が起こり、地元検察当局は、「洗濯機に幼い子どもを入れることは、賢明な選択ではないが犯罪にはあたらない。」判決を下して、2人を不起訴としたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

コインランドリーの防犯カメラ映像には、2人が幼児を洗濯機で「洗う」様子が映っていたが、検察は「映像を見ても、2人に子どもを傷つける意図がなかったことは明らか。」と語っている。

一部の記事では夫婦と親子となっている。

防犯カメラの映像は、インターネットの動画サイトにも投稿された。この幼児は軽傷を負った程度で無事だったと言っている。

監視ビデオは、伝えられるところによれば、「いないいないばあ(Peek-A-Boo.)」ゲームをする間に父親が、洗濯機に1歳の息子を入れるところが写っている。

なんと、ドアはロックし、機械は水の挿入を実行し、充満し始めた。

父親がそんなことをすることで、目撃者ティファニー・ストールマーチャー(Tiffany Stallmacher )は衝撃を受けた。

迅速なランドロマット労働者コン・エヌー(Kong Enh)が電源を切って、ドアを開けるまで、1分間ほど子供は洗濯機の中で回っていた。

米国のニュージャージー(New Jersey)州カムデン(Camden)のGoogle Earthポインター情報
39°55'33.41"N,75° 7'11.20"W
または、
39.925947, -75.119778

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告