2012年05月23日

子どもを「洗濯機」で洗ったベビーシッター不起訴!

AFPは2012年05月25日に、米国のニュージャージー(New Jersey)州カムデン(Camden)にあるコインランドリーで、ベビーシッターと友人男性が面倒を見ていた1歳の幼児をドラム式洗濯機の中に入れ、そのままふたを閉めて機器を始動させるという事件が起こり、地元検察当局は、「洗濯機に幼い子どもを入れることは、賢明な選択ではないが犯罪にはあたらない。」判決を下して、2人を不起訴としたと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

コインランドリーの防犯カメラ映像には、2人が幼児を洗濯機で「洗う」様子が映っていたが、検察は「映像を見ても、2人に子どもを傷つける意図がなかったことは明らか。」と語っている。

一部の記事では夫婦と親子となっている。

防犯カメラの映像は、インターネットの動画サイトにも投稿された。この幼児は軽傷を負った程度で無事だったと言っている。

監視ビデオは、伝えられるところによれば、「いないいないばあ(Peek-A-Boo.)」ゲームをする間に父親が、洗濯機に1歳の息子を入れるところが写っている。

なんと、ドアはロックし、機械は水の挿入を実行し、充満し始めた。

父親がそんなことをすることで、目撃者ティファニー・ストールマーチャー(Tiffany Stallmacher )は衝撃を受けた。

迅速なランドロマット労働者コン・エヌー(Kong Enh)が電源を切って、ドアを開けるまで、1分間ほど子供は洗濯機の中で回っていた。

米国のニュージャージー(New Jersey)州カムデン(Camden)のGoogle Earthポインター情報
39°55'33.41"N,75° 7'11.20"W
または、
39.925947, -75.119778

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。