gaYa広告

2012年05月27日

スコットランド、飲酒運転規則改定!

BBC Newsは、スコットランドの政府が、飲酒運転するスコットランドの制限は、「優先事項として」低下するでしょうと、言ったと報告した。

スコットランドと言えば、酒の国、スコッチの国である。
ビールも旨い!

ただし、料理の種類は少なく、制限されている。

問題は、車椅子の飲酒は、飲酒運転かどうか?

車椅子は車か?足か?

自転車の飲酒運転は禁止である。
では、車椅子の人は自宅以外での酒が禁止なのか?

これもおかしい!?

どうなっているのだろう?????

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

裁判官長官ケニー・マッカスキル(Justice Secretary Kenny MacAskill)は、100mlの血液について80mgのアルコールの規定から、50mgまで制限を低下させる計画が今年後半提出されるだろうと言った。

彼は、この変更ができるだけ早く効果を現わすであろうことが意図されたと言った。

限界を変更する権力は2012年スコットランド法(2012 Scotland Act)の下で聖十字(Holyrood)に渡された。
それは最近国王の裁可を受け取った。

裁判官長官ケニー・マッカスキルは、
「スコットランド政府は、5飲酒運転する限界を0mgに縮小するように長い間要求しました。」
「私たちは、飲酒運転する限界の縮小が命を救うだろうと強く思います。また、ヨーロッパ中からの証拠は、限界が縮小された場合アルコール関連の道死が劇的に落ちることを示します。」

スコットランドの自由民主党党首ウィリー・レンニー(Scottish Liberal Democrat leader Willie Rennie)は、できるだけ早く新しいパワーを利用するように以前に大臣に要求した。

彼は、「スコットランド・ビル・プレゼントの下で移行された新しいパワーは、私たちに、スコットランドを形作るいくつかの空想的な機会で、私たちは住みたい。」

スコットランドの労働党の公正スポークスマンであるルイス・マクドナルド(Scottish Labour's justice spokesman, Lewis Macdonald)は
「これは、私が要求した歓迎される開発とすべてで、したがって、数週間前に、私はスコットランドの政府が聞くモードであって嬉しい。」
「私たちは詳細をちょうど得る必要があります。しかし、SNPは細字部分によってスコットランド議会工場として問題について支援を得るでしょう。」と言った。

イングランドとウェールズはまだ、100mlの血液について80mgのアルコールのまま残っている。
アイルランド共和国は北アイルランドが先例に従うという要求の口火を切って、昨年制限を低下させた。

北アイルランドの環境相アレックス・アットウッド8Northern Ireland's Environment Minister Alex Attwood)は、秋でドライバーのためのより低い血中アルコール・レベルを開始するために立法を持ち込むことを彼が望んだと言った。

アイルランド共和国(Irish Republic)の血液アルコール限界は、仮免許運転練習者、新しく資格のあるドライバーおよび専門のドライバーのために100ml当たり80mgから100ml当たり20mgまで落ちた。

他のすべてのドライバーのための限界は、80mg/100mlから50mg/100mlから下降した。

50mg/100mlは、フランス、ドイツ、イタリア、オランダおよびスペインを含むいくつかのヨーロッパ諸国で採用している。

国々のうちのいくつかは下限を持っているスペインの新しい資格ドライバーで、変化している。

運動家は、スコットランドの計画が正しい施策であるが、ゼロ容認アプローチがそれらの究極の目標のままだった、と言った。

路上の安全チャリティーのブレーキの部長サラ・ファティカ(Sarah Fatica, general manager at Brake, the road safety charity)は、
「50mgの限界は、まだ何が安全かに関して一般大衆にあるレベルの混乱を残します。」と言って、「最良のメッセージ」が飲酒運転用ゼロ容認のうちの1つだったと言って、20mg以下の限界を結局歓迎するだろうと言った。

飲酒とドライブに対するキャンペーンのスポークスウーマンのキャロル・ウイッティンハム(Carole Whittingham, spokeswoman for the Campaign against Drinking and Driving)は、スコットランド政府の後ろに100%いただけでなく、下限が今後持ち込まれるように要求すると言った。

「誰かが実際についに困難と進んで戦っていると聞いて、私は非常に嬉しい。」
「スコットランドは、それらが問題を得たと強調しました。私は、ウェストミンスター政府が同じことをすることをちょうど望みます。」と彼女が言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト