2012-05-25

ロー法王の執事パオロ・ガブリエラ、窃盗容疑で逮捕!

BBC Newsは、ローマ法王の最も親しい個人的な従者、従来の英語のタイトルでは「butler(執事)」であった46歳のパオロ・ガブリエラ(Paolo Gabriele)が、バチカンの秘密を盗み、一連の機密文書および手紙をメディアに漏洩した疑いが掛けられ、抑留されていたが、バチカンは、逮捕したと報告した。

「Vatileaks」スキャンダルは、それが知られているとともに、教皇庁を激怒させた。

漏洩された文書は、腐敗、不始末および内部矛盾を明らかにした。

バチカンは、パオロ・ガブリエラが拘留されたとき、バチカン長官によって疑問視されていたと言った。

先月、ポープ・ベネディクトXVI(Pope Benedict XVI)は、漏れを調査する枢機卿を特別任務としてセット・アップした。

バチカン・スポークスマンであるフェデリコ・ロンバーディ8Federico Lombardi)はジャーナリストに、
「バチカンの警察によって行なわれた質問で、それらが機密文書を所有している誰かを識別することを可能にした。」

パオロ・ガブリエラは、ローマ法王の影として暮らしており、公的に、さらに私的にも、常にローマ法王近づいて、彼の多数の公務を通るパスを滑らかにする予定であった。

彼は毎朝、早朝に、ポープ・ベネディクトが服を着るのを助けることから始まった。
彼は通常ポープの食事を出し、ポープのテーブルに座ることを時々依頼される。

パオレット(Paoletto)と親しい友人が呼ぶパオロ・ガブリエラは、ローマ教皇が、通常法王専用車の中へ入る場合ドアを開け、正面に座る。

あるいは、天候が寒くなる場合、彼はローマ法王に赤い外套を渡していた。

牧師の資格は持っていなかったが、バチカンの内部で働く最もほとんどの枢機卿および司教より、彼は恐らく毎日私的にポープ・ベネディクトをもっとよく見ていた。

ローマ法王は、サンピエトロ大聖堂の隣の建物最上階上で、外部の世界を備えた定位接点をほとんど持っていない、小さなコミュニティで生活してる。

ポープ自身とは別に、このコミュニティには、両方の規定された聖職者-から構成された、彼の2人の秘書、ドイツからのゲオルグ・ゲンスワイン(Georg Gaenswein, from Germany)、またマルタからアルフレッド・シュエレブ( Alfred Xuereb, from Malta)、またポープ・ベネディクトのために国内の雑用、彼のためのコック、またローマ法王のアパートを清潔にする4人のイタリアの聖別された尼カルメル(Carmela)、ロレダナ(Loredana)、クリスティーナ(Cristina)およびロセラ(Rosella)がいる。

パオロ・ガブリエラは、世界で最も注意深く保護された住宅のうちの1つの錠を開く鍵を握っている。

彼は、もう一人の長年バチカンの使用人で、前のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世(Pope John Paul II)の執事および従者アンジェロ・グゲル(Angelo Gugel)からにそれらを上方へ受け取った。

ローマのホーリークロス大学の教会法の教授Frデービッド・スシト(Fr David Scito, professor of canon law at Rome's Papal Holy Cross University)は、バチカン領域の内部で犯された犯罪で告発されれば、パオロ・ガブリエラは、バチカンの刑事裁判所の使徒の法廷(Apostolic Tribunal, the Vatican's Criminal Court)に現れると言っている。

パオロ・ガブリエラは、イタリア警察ではなくバチカンによって最初に尋問されている理由は、彼がイタリアと同様にバチカン市国の二重国籍を保持するということで、彼は妻と3人の子供と一緒に、バチカンの壁の内部の「優美で好意8grace and favour)」のアパートに住んでいる。

今回のように、逮捕と裁判がバチカの内部で保持されることは非常にまれなことであると言っている。

サンピエトロ大聖堂、あるいはヴァティカン美術館の内部の観光客から詐取して発見されたすりのように、その壁の内に犯されたほとんどの軽犯罪はイタリア警察によって簡潔に扱われてきたと言っている。