gaYa広告

5月25日

全国行方不明の子供の日(National Missing Children's Day)

ロナルド・レーガン大統領(President Ronald Reagan)が1983年に、ニューヨークのソーホー地区の彼の家の近くで1979年5月25日に、スクールバス停止に単独で歩いているとき、エタン・パツ(Etan Patz)が消えたことから、5月25日を全国失敗子供の日(National Missing Children's Day)と宣言した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

BBC Newsは2012年05月24日に、ニューヨーク市警察は、1979年に6歳の少年が失踪下事件に関して保護の中に彼らが容疑者を拘留していると言ったと報告した。

警察は、その容疑者が失踪したエタン・パツ(Etan Patz)と死に自分を密接に結び付けたと言った。

彼の顔は行方不明の子どもについての情報を求めたミルクカートンで現われた、最初のうちの1人になった。

ニューヨーク警察部長レイモンド・ケリー8New York Police Commissioner Raymond Kelly)は2012年05月24日木曜日に声明で、「今保護中の個人は、33年前にEtan Patzの消失および死に自分を密接に結び付けるNYPD探偵に述べました。」
「私たちは後で今日さらに詳細を提供するつもりです。」
と言った。

保護中の人は地方のNBCのステーションによれば、ニュージャージーで暮らし、そこで働いて、警察に知られており、エタン・パツが見当たらなくなった時、近隣に住んでいた。

児童性犯罪でないことを望みたいが、多分その望みは否定さっれることだろう。

児童性犯罪者は、どんなに有名でも、人間ではない。

その前のワークショップが先月、調査者によって探索された雑役夫で、検挙されたオテニル・ミラー(Othniel Miller)の容疑は晴れ、犯人でないことが明らかになっている。

マンハッタン地下のフラットは4日間発掘された。

しかし、明白な人間の遺体は見つからなかった。
また、法医学的証拠もほとんど見つからなかった。

エタン・パツの自宅に近い瓦礫および砂のいくつかのコンテナーは、遠方に強く引かれ、職員が発掘を再回する必要があった場合のために、保存されていた。

最後の1日前に、少年が彼のために行った雑用で、エタン・パツにUS$1を与えたオテニル・ミラーは、生きているエタン・パツを最後に見ており、去年にわたって疑われてきた。

しかし、彼は失踪となんらかの関係があることを否定した。

ロナルド・レーガン大統領(President Ronald Reagan)が1983年に、5月25日を全国失敗子供の日(National Missing Children's Day)と宣言した。

エタン・パツの両親スタンリー・パツ(Stanley Patz)とジュリー・パツ(Julie Patz)は、息子の失踪の後の数年で行方不明の子どもの率直な擁護者になった。
エタン・パツの失踪以来、生きていたことを望んで、それらの電話番号を変更することを何年も拒絶した。

しかし、2001年には家族が、有罪と判決された子供相手の痴漢で、彼らの息子の死に責任を負うとされた訴訟の一部のように、エタン・パツが死んでいるように宣言する裁判所命令を得た。

裁判官は、PatzesにUS$200万を払うことをエタン・パツのベビーシッターを知っていたホセ・アントニオ・ラモス(Jose Antonio Ramos)に命じました。

ホセ・アントニオ・ラモスは、異なる事件で20年の実刑判決に服しており、今年釈放されると予定されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。