on-the-time.jp

2012年05月17日

カナダの博物館は、十代のためのセックスに関する展示で、年齢制限を上げた!

FoxNews.comは、The Ottawa Sunからの情報として、ティンエイジャーのための論争の的になっているセックス展覧品を開催しているカナダの博物館は、親と議員からの憤慨に続き、承認に対する年齢制限を上げたと報告した。

その展覧会は、カナダのオタワにある科学と技術博物館の「セックス:すべてを語る展示」("Sex: A Tell-All Exhibition," at Canada's Museum of Science and Technology in Ottawa)で、セックスに関する露骨な質問に答えるようにビジターに促し、刺激された性器、性感帯を光らせた裸の彫像およびビデオ・ディスプレイを表示するスクリーンを含んでいるいつと、The Ottawa Sunが報告している。

伝えられるところによれば、展覧品は、性教育プログラムへの変更によって地域に置かれた「ギャップを埋める」ように設計された。

展覧品は最初に、12歳より幼い子どもを対象とした。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

承認のために、現在では16歳まで上げられたが、より幼い子どもが、今までどおり、展覧品を見ることができる、と、The Ottawa Sunが報告している。

らに、自分の身体の調査に関して子どもを教育することを目指した生き生きしたビデオは削除された。

連邦遺産大臣ジェームズ・ムーアのスポークスマンであるジェームズ・マウンダー(James Maunder, spokesman for federal Heritage Minister James Moore)は、「この内容は防御することができず、納税者を侮辱しています。」と言っている。

伝えられるところによれば、科学と技術の国立博物館は毎年約$3000万の資金を受け取っている。

「セックス:すべてを語る展示(Sex: A Tell-All Exhibition)」では、$800,000を使っている。

カナダの納税者連合のデレク・フィルデブラント(Derek Fildebrant of the Canadian Taxpayers Federation)は、「あなたが素晴らしいこのようなものを保持したければ、それが税金ではなく民間資金をやめることができます。」と言っている。

セックスを科学と技術で分析し、子供の性教育に、と言うことになれば、こうなるだろう。

では、セックスを文学的にしたらどうなるのか?さらに凄いことになるだろう。
だったら性教育はあきらめる?

すべてが、何かおかしい!?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。